ゆっくり戻るよ! ブログに移動する 
産業チート
【金儲け】 
交易チート 医療チート  軍事チート  農業チート  ファンタジーチート(魔法・幻想の生物など)  例外 
統治・内政物のテンプレ  管理人の文章【104】
触れただけで大怪我する化学兵器で外道軍事チート

カウンター日別表示
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
触れただけで大怪我する化学兵器で外道軍事チート   2015/2/28

軍事チート 

ユリアン(´・ω・`)提督・・・毒ガスでチートとかやっていいんですか?
現代でも使ってますけど、毒ガス攻撃されたら悪くて死亡、良くて身体に後遺症残って障害者になりますよ?


ヤン(´・ω・`)それだけ強烈って事だよ、ユリアン。
使用効果、生産コストの安さ、簡単に大量生産できる、取り扱いの簡便さ・・・・核兵器よりも遥かに優れているのさ。
核兵器なら土地ごと汚染するけど、化学兵器は生物だけを殺傷するだけだからね。
まぁ、こんな危ないものは国際条約で禁じた方がいいと私は思うけどね。

ナチスドイツのヒトラー(´・ω・`)
7000トン以上の「サリン」を作った!(パリみたいな大都市を住民ごと30回皆殺しにできる量)
でも、報復怖いから使用するのやめる!
第一次世界大戦みたいに化学兵器で応酬したら、数十万人単位で死傷者出るからな!
俺、化学兵器大嫌いだし!

ユリアン(´・ω・`)ナチスドイツのヒトラーですら、使用を躊躇ったんですね、提督。


銀河英雄伝説のキャラ☝

    1. 毒ガス・化学兵器を造って敵に散布する軍事チート
      現実ではあのフリッツ・ハーバーさんや『さえない小役人』ことアイヒマンさん、イラクのフセインさんや某国の松本ち…じゃなくてしょーこーさんが使ったチートだ。
      平時にはノウハウをそのまま農薬・殺虫剤の開発に転用可能でもある。
      ただ平行してガスマスクの開発が必要だね。

      その科学チートを使うためにはワクチンを作れるだけの科学力がないと厳しいよ。占領後の統治がハードモードに様変わりするからね。
      そしてそれだけの科学力がある世界なら大したチートでも 無いんじゃないかな。

    1. 毒ガス時代はウィザードリィの時代からあるからねぇ
      生物毒ならドラクエのモンスターが持っている
      抽出して武器に塗ればいい。暗殺なり戦場なりで使うなら左程科学レベルは必要ないよ
      ゲームでも(毒付与+26%)っていう武器を愛用している人は多いのでは?

    2. 中世世界だと毒ガスよりも井戸や水源に毒の方が効果的だからこのチートはあんまり普及しなそうだ
      しかもこの毒はうんこや動物の死体でもいいからお手軽だし
      それに攻城戦では死体や汚物を投石機で投げ込んで疫病蔓延という生物兵器もあったし

      逆に近代世界でこのチート始めると敵もすぐ真似して泥沼になる。
      主人公が輪の使う物に比べて劣るとはいえ硫化水素や塩素ガスあたりの冶金関係の技術開発で把握されてる有毒気体くらいは使われるぞ

    3. パーティの際にお食事に毒を入れて暗殺・・・というのもよくある手段だしねぇ
      日本でもお毒見役という役職があった

    4. ロシアかソ連かは忘れたが、衛星国家独立の際に、その国の重役にダイオキシン混ぜた食事を出したみたいな話があったなあ。生き残ったその重役の皮膚が悲惨なことになってて、子供ながらに恐ロシアと思った。
      近代世界だと、すぐには見つけられない毒なんて無数に存在するし、そもそも遅行性であれば毒見役すら役に立たないから、オリ主のワンマン統治だと、そこが狙い目みたいだと思われてすぐあぼんできそう。

    5. あったなダイオキシンの事件
      それでダイオキシンの危険性をマスコミが騒ぎ立てて規制が強化されたんだよな
      でもさ冷静に考えると限界まで「濃縮した」ダイオキシンですら人一人殺せないぐらいの毒性しかないんだよな

    6. マスタードガス→被毒→抗癌剤までの流れで医療チートに繋げられる。
      マスタードガス作れる文明レベルなら抗癌剤もいける。

       
       

  • 前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

    21 件のコメント:

    1. ラインハルト(´・ω・`)こんなチートを使ったら、読者が激怒するぞ!
      現実で禁止されているからな!

      キルヒアイス(´・ω・`)そうですよね、ラインハルト様

      返信削除
    2. 化学兵器についてだけ。
       地形や風向きに天候の影響が大きく、運と緻密な戦術が必要になるところ。
      調子に乗ったとたん主人公が自爆する予感。リアルと違って重い毒ガスを魔法の突風で吹き散らしたり、水溶性の毒ガスを雨で流したりと無力化し易い。
      (逆に魔法で強酸・強アルカリの雨でも降らす?)

       硫黄を燃やした煙とか古典的な毒ガスはビジュアル的にショボイ。
      また近代的な毒ガスは工業プラントで大量に余った副産物として生産するのが効率的で、毒ガス単品で開発・生産するくらいなら正面装備を拡充した方が…

      返信削除
      返信
      1. 化学兵器で魔法生物的な物が作れると一気にチートくさくなるんだがな

        削除
    3. 化学兵器が本格投入されたのはWW1からなんだよな。
      大量生産に、その保管技術、戦場への運搬やら兵站と大規模な実戦投入には近代科学が必要。
      上でも書かれてるように、その技術力が有るなら化学兵器は別段チートじゃ無いレベル。
      少量作るだけなら、もっと未熟な化学レベル、それこそ中世世界でもいいんだろうけど。

      返信削除
      返信
      1. ペロポネソス戦争で硫黄を燃やして敵をあぶり出した話がある。
        ちなみにアテナイ側の司令官はトリューニヒトのモデルの一人とか

        削除
      2. ペロポネソス戦争(BC431-404)ではタールと硫黄を混合して燃やすことで亜硫酸ガスを発生させたそうな。
        でも武器への塗布を除くと、化学兵器によるガス散布は南北戦争(1861-1865年)で南軍の坑道への硫黄煙まで時代が飛ぶんよ。化学合成ができない時代、スパルタは立地に恵まれていたとしか。

        もし古代〜中世かつ自然硫黄が安定入手可能な火山が自国にあれば、化学兵器チートは現実味を帯びるんでない?

        削除
      3. そのガスは、ワインの添加物、酸化防止剤・殺菌剤として広く利用されてるんだよな

        削除
      4. わざわざ化学兵器作るより殺した敵兵の生首投石機で投げ入れるほうが手っ取り早いし、心理効果もおおきいんだよなぁ。
        WW1辺りで化学兵器研究が盛んになったのは生首よりかは穏当で、同程度の効果が期待できる手法を求めたってのもある気がする。世間の道徳観念が強くなってくる世相の中で。

        まぁ結局どっちもどっちな気もするから的外れな考察かもしんないけども。

        削除
      5. オッカムのカミソリ、鉛筆を使え、だな。

        戦争は合理的なものだから、結局、単純なものが勝つ。単純なものが残る。
        毒ガスは使えない兵器として現実で証明されてしまったからね。
        現実と異なる前提を構築しないと、なかなか難しいだろう。

        削除
      6. 山城で糞尿を煮立てて、攻め上ってくる敵に撒いたってのは、
        史実?お話?

        削除
      7. 糞尿の使用法、通常は、石に掛けて苔を生やしたり年代物の風合い加工に使う、骨董品の偽造の方法としてポピュラー

        削除
    4. ドラゴンが毒ガス吐いたりしてくる世界だと、普通に回復魔法で治りそうだけどね。
      毒ガスを相手陣営に流す際には、風魔法の押し合いになる筈。
      風魔法で吹き散らしてしまえば無害だし、雨が降っても大抵無力化される。
      現代よりも魔法世界の方が、脅威が少ない兵器に見えるね。

      返信削除
      返信
      1. 毒ガスが風に弱い以上は施設やコンテナなど閉鎖空間での燻蒸滅菌というか、未来少年コナンの(超兵器・巨大飛行機)ギガントについてる遠隔操作での青酸ガスの噴霧装置や緊急消火装置みたいな使い方が現実的かな

        削除
    5. 毒ガスは管理が大変。
      1969年に知花弾薬庫でアメリカ軍の化学兵器からガス漏れした。
      沖縄県民はそんな兵器が大量にあるとは知らなかった。
      抗議運動の末に、ジョンストン島へ移されることになる。
      アメリカのジャーナリスト「当時の兵士に聞いたら、沖縄近海に捨てただって」

      返信削除
    6. この手の化学チートって、過程で色々とエグイ兵器が出てくるけど、最終的な到達点は核融合や原子工学に基づくものが多いよね
      SFとかでも、レーザー砲でバンバンやり合ってても、結局は核がそれらを上回る感じで使用されてるし
      やっぱり、如何なファンタジーやSFで超強力な兵器を想起して描こうとも、現実に起きた核の衝撃には勝てないものなんだろうか?

      返信削除
      返信
      1. SF界隈では冷戦初期を抜かせば核兵器は微妙な兵器扱いだよ。
        宇宙で使うと爆風はないし、放射線はもともと飛び交ってるしで地上ほどの脅威じゃなくなるしね。

        ブラックホール兵器、反物質爆弾が昔から使われる定番だけど、ダークエネルギーとか、多次元エネルギーを用いた兵器など結構バリエーションはあるよ。

        削除
      2. 亜光速ミサイルとか質量エネルギーを用いた極大な物理でなぐる兵器か、または、エネルギーを転換するか反応させて吹き飛ばす兵器が多いですね。核兵器も後者の比較的低威力の兵器に当たる。
        次元兵器は空間をゆがませたり、断層に落としたり、亜空間や他次元に吹き飛ばしたり、空間の転移現象を利用した兵器なのかな。

        人の目で見えて破壊力が実感もしくは恐ろしい兵器だと認識でき、実際、実用化されている核兵器が一番理解しやすいのでは。
        上段や前者のたぐいの超未来兵器は、人が想定できない被害や破壊力をもたらすとしか想像するしかない。

        削除
      3. SFだと、核を手軽に扱うことで、文明が進歩していることを表現する小道具に使われることが多いですね。

        削除
      4. 機動兵器や歩兵の携帯用射出兵器の(放射線の半減期が短い)低汚染型の核弾頭として火力支援用に、巨大宇宙生物やバグとかとの戦闘に使われたりする。

        削除
      5. 宇宙の戦士ですね。
        ハインラインは偉かった。
        馬鹿っぽいけどポール・バーホーベン映画は好きです。その他映画は・・・なかったことに。

        削除
    7. ・ウェストファリア条約のようなもので国際法を制定する
      これがないとやばい。とくに内政不干渉の原則がないと王家のお家騒動にいちいち他国が口を突っ込んでくる。

     
    ゆっくり戻るよ!
    ブログパーツ