ゆっくり戻るよ! ブログ欄にゆっくり移動するよ 

日本の歴史 戦国時代【2】-【6】
島津の300人で8万人の軍勢に突撃する撤退戦 【島津の退き口】


              |;;;;;;;|;;>ニ|           \ヽ、 l l / /
              |;;;;;;;|>; |              `ヽ==-´_  全軍突撃じゃぁー!
              |;;;;;;;|;;;;;;;;|             / , -'`'ー'-、ヽ、_
              |;;;;;;;|;;;;;;;;|           / 、'`      ヽ ',`´`ヽ、 
               ,-‐┴‐┴;;;;┴‐--,     _ , 、_! ,ミ         l l: : :,-'"`ヽ、  /
            |,-,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  ,.:‐'´:::::::/ | ミ        '!|ヽ': : : :_:_: l/:::::
            、ll !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l`´::::::::::::::::l !`! | 、ゝ_ 、 /  イノ!|`!}´: : : : /:::::::::::::
    ,  -_―,- -'´、!lノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l::::::::::::::::::l l ,.l | `ェォ、  ィェツ l|'/l:, -―/:::::::::::::::
 _, -‐'"´:::, -'´`ヽ,-、ヽ'==二二二ニ、=' .l::::::::::::::::::l  `l |  ¨ , ' `'.¨、  l゙、{:_:_:_:/::::::::::::::::::
<{:::::::::/::::::::/::::::::::::::,-'´:.:.:.:.:.l     }`! ',:::::, __-'´  / ', ,-‐-'=--'"゙=ヽ! ヽ: /::::::::::::::::::::
! ',:::::::',:::::::::::',:::::::::::::::::::}:.:.:.:.:-'"´! ̄`! _},  ´ }‐-!  /  " /`  ̄ ̄ ´,'    `/:::, -、::::::::::::
ヽ ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::{:.:.:.:.:.:._,.._|_, -,}´/   ',: :.', 彡, ,  ` ̄ ̄ ´   、 //;;;;;;;ヽ:::::::::
 ヽ :.:::::::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.:_:l: :_,ノ .l    ∨∧ // ,        ゝ'/;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::::::
  `ヽ::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::}:.:.:.:.:´:.:.l´ _}、      ∨∧ //, i    i  ゝ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ:::
     ` ̄`ー-`ー--'`ー-ー-'"´:、 ヽ     ∨∧ ' ´ 从/|/| 从/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-},     ∨∧     /-`ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             {-l` ー- 、:.:.:.:.:.:.} ',     ∨∧    /:_:_:_: : :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              l、:l    `ヽ/`ヽー-―'"´ ̄ ̄ ̄ ̄:::://-'::::::::::::::.....;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              と!     /`ヽ-―――==========='、、'::::::::::::::::::::::::::::,,:::::::::::;;;;;;
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
島津の300人で8万人の軍勢に突撃する撤退戦 【島津の退き口】  2013/12/15

(´・ω・`)島津の退き口。
それは1600年の天下分け目の戦【関ヶ原の戦い】で、西軍に所属していた戦闘民族【島津】な人々の撤退戦。
状況を具体的に説明すると。

●関ヶ原の戦い

●西軍が勝利するはずの状況で、西軍が敗北し、東軍の徳川家が次の天下人になる事が決定した。 (本来なら徳川は包囲されて殲滅されているはずなんだけど、西軍がほとんど動かないせいで必勝できる戦いを敗北に導いている。
幾ら数があっても、動かない味方は各個撃破の対象な有様だよ。)

●西軍はそれぞれ敗走して領地に逃げ帰ったけど・・・・島津だけ動かずにじっとしている。

●東軍8万の中に孤立した島津軍は、300人しかいないのに東軍に突撃するというキチガイな事をやった。
島津「ゆおおおおおおお!!!!!
島津義弘が生きて帰れば勝利だよおおおおっ!!!!!!!
300人で8万人の軍勢に突撃する戦闘民族でごめんねぇぇぇぇ!!!!」
東軍「「「「「ゆっ?
な、なんなのこれぇー!
管理人の故郷の大名ざんが負傷が原因で後に死亡じだあああああ!!!
ゆんやっー!」」」」」


●8万人の軍勢を突破し、決死の足止め部隊が大活躍。
島津義弘本人は80人に減った兵隊と一緒に、大阪から船で薩摩へと帰った。
(その後、その他にも生き残っていた兵士達が薩摩へと帰還している事から、尋常じゃない生還率。)


(´・ω・`)300人の兵で8万人の軍勢から生き延びたんだ。うん。
普通なら殲滅されて皆殺しにされちゃうはずなのに、3分の1くらいが生き残っている戦闘民族具合。

(´・ω・`)そもそも、逃げずにじっとしている時点で頭が可笑しいんだ。
東軍が勝利した以上、東軍に歯向かう事は天下を敵にする事を意味しているだけに、無駄な戦なんだ。
(´・ω・`)こいつら正気じゃない。
でも、この戦闘民族っぷりを見せつけたせいか、西軍の中で異例の本領安堵をされているし、キチガイっぷりも外交の道具になってるよ。

(´・ω・`)そして、幕末になると薩摩と長州が江戸幕府を終了させちゃうから、子孫達が後悔する事になる(キリッ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

16 件のコメント:

  1. 首置いてけよ、なぁ!お前大将首だろう!?・・・の、島津豊久さんが戦死・・・異世界転移するきっかけになった戦だね。

    ゆっくりには首しかないぞー

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ゆっくりしていってね!

      削除
  2. 東軍は大人だから、空気読んで○チガイに、関わらないようにしただけなんだけどね。勝ちが決まった戦で怪我するなんてバカだから。

    返信削除
  3. もっとも、幕府できた後は堤の工事とかでさんざん薩摩藩に嫌がらせしまくってゆっくりと意趣返しやったからね。
    戦闘民族にそんな真似した結果が幕末の展開なんだよもん。

    返信削除
  4. 長州もずーっと江戸幕府に恨みを抱いていて幕末のあの展開だったな。

    返信削除
  5. これでもホンダムが傷一つ負わない、が入っていない。
    91点。

    返信削除
  6. 土佐の下士もこの時の論功行賞が原因だしな
    関ヶ原の頃に幕末の大体のフラグが立ってる

    返信削除
  7. 俺はこの事を知って戦闘民族って現実に居る事を知ったよ

    返信削除
  8. 三成は敗戦後落ち延びてる最中に捕縛されて刑死してるから
    勝手に戦死させないでくだされ

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)すっかり忘れてた。
      管理人の家の近くに石田三成関連の施設があるのに、そのことを完全に忘れていた有様だよ。
      (´・ω・`)マイナーなのが悪いんだ(キリtッ

      削除
    2. 光成は豊富の茶坊主としてメジャー級です。

      削除
  9. あと、三成のマブダチの大谷吉継さんは数倍以上の兵数の寝返りした小早川さん達を相手に三回も突撃を凌いで三成の退却を助けたよ!
    ゆっくり大谷吉継『人面獣心なり。三年の間に祟りを為さん』と言って自害、二年後には小早川秀秋はぽっくり死んでるよ!

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)

      小早川秀秋「裏切ったのに扱いがひどいいいいいいいいいい」

      削除
    2. 戦略を持って裏切ったら成功する確率も上がるが、どーも秀秋は場に流されて裏切った臭いがぷんぷんする。

      削除
  10. 維新で勝った側の島津と毛利の戦国時代の描写は信用出来ないと思う
    そんなに強かったのなら、秀吉の征伐軍に負けるのおかしい
    2chで見た情報だけど、西国は占いで戦い(攻める日にちや場所)を決めていたからアホみたいに弱い大名もいたそう

    返信削除
  11. 島津が本領安堵されたのは、琉球の存在も大きいんじゃない?
    関が原のころじゃあ、徳川はオランダの存在を認識してなかったわけだから、カトリック国に好き勝手させないために、豊臣政権でこじれた明との関係を一刻も早く回復させにゃあかんと考えていたはず。そんな状況で、琉球との外交を一手に引き受ける島津を無碍に扱うのは不可能だと思うよ。

ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ
カウンター日別表示