ゆっくり戻るよ! ブログ欄にゆっくり移動するよ 

日本の歴史 戦国時代【2】-【3】
織田信長が支持した足利義昭のうざさは異常すぎる


       |;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;|
       ,ィ'''''''''''ー-、
      r'r‐''''''''''''''''‐.i、
 .    /        ヽ
    _|  _,,,,,,_  _,,,,,,_  |
 .  ,' | '´ ェェ ., , ェェ ` |.゙、
 .  | |    ノ ヽ、   | l|
    l ',   .,、ニ‐ニ、,   |,'j
 ,   ~゙,  ゙゙  ̄ ̄ ゙'  .ノ┘
 .`' 、_rェヽ、,,_.............._,/└、_,、ィ
    `' 、  いリ;lj  ,、r'゙
      `'‐-ヾリ//

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
織田信長が支持した足利義昭のうざさは異常すぎる 管理人の文章  2013/10/25

(´・ω・`)足利義昭は、室町幕府最後の将軍にして、織田信長に嫌がらせをやりまくった超うざい人だよ。
具体的にやった事を時系列順に並べると、うざさが分かると思うんだ。



●将軍家なのに足利家が超ボロボロ。京都に帰ると命が危ないから、有力大名に会いまくって、織田信長という後ろ盾を手に入れる。 (京都に近い位置にある大国だから上洛しやすい)

●織田信長が京都に上洛し、足利義昭は第15代将軍になる。

足利義昭は比叡山の了解を得ずに大津を取り上げて、織田信長にプレゼントしたから、比叡山が朝倉・浅井・六角同盟を成立させて織田を苦しめた。

●当時の宗教の総本山である比叡山延暦寺を織田信長が焼いて大量虐殺したから足利義昭が激怒

●織田を制裁するために信長包囲網を結成し、あちこちで織田軍は戦争しないといけなくなった。でも、バラバラに行動しているだけの包囲網だったので織田軍が勝利し、足利義昭は京都から追放されてしまう。

●5年間しか天下人になれなかった足利義昭は、再起を図ろうと謀略に手を染めて、毛利家を中心とした織田包囲網を作り、最大規模の織田包囲網になる。

●でも北陸の上杉謙信が病死して、上杉の勢力は内乱状態になったから脅威じゃなくなった。残った問題は中国地方だけ。

●織田軍が武田勝頼を攻め滅ぼして包囲網が瓦解寸前

●明智光秀が謀反を起こして、織田信長を殺しちゃった事で、織田包囲網の意義がなくなり、自然消滅。

●足利義昭は、最終的に豊臣秀吉に1万石の領地をプレゼントされて飼い殺しにされ、家が断絶した。



(´・ω・`)ひたすら大量の手紙を各地の大名へと出しまくり工作したから超うざいんだ。
諸勢力に織田信長が敵視される原因を作り上げ、織田信長を苦しめたんだ。

(´・ω・`)でも、足利家は自前の軍事力を持たない以上、こうやって大名達の力を借りないといけない家だっただけに仕方ないとも言える。
織田信長と付き合っても、このままだと足利家の代わりに織田家が将軍の地位についていたでしょうし。
(´・ω・`)あと、織田の運の良さが分かるよ。

第二次包囲網 → 武田信玄が病死したおかげで救われた。
第三次包囲網 → 上杉謙信が病死したおかげで救われた。でも、部下の謀反で織田信長死亡した。


(´・ω・`)運がいい。ここで明智光秀に殺されてなかったら、今よりも後世の人気は落ちてるはず(キリッ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

5 件のコメント:

  1. 最初は兄の敵である松永弾正の処分を信長に頼っておいて
    次に信長を排除する為、その松永と手を結ぶってあたり面の皮が厚いというか……

    有名な包囲網も、戦略とかは一切無く、単に信長憎しの感情で
    信長と敵対していた大名に手紙ばら撒いただけにしかみえない。

    返信削除
  2. 以外にも秀吉とは仲が良かったらしく、将軍職返上後は皇族と同等の扱いを受けてるよ。
    家が断絶しちゃったのは息子が早死にしたのと、孫が女の人よりお坊さんでいる方が好きだったらしいから仕方ないね。

    返信削除
    返信
    1. もう、今日からパルメさんが足利パルメを名乗るしかないね!

      削除
    2. (´・ω・`)今日から没落して滅亡した将軍家(キリッ

      (´・ω・`)戦力がない。

      削除
  3. 信玄のことも入れてあげてよ。
    しかし信長を見ると、もしかして信長って転生者だったんじゃ?と思うことがある。
    当時としては群を抜いた広い戦略眼、桶狭間、ピンチの時に信玄、謙信が死んだり。
    そういう意味では秀吉もかな。中国大返しとか。
    曹操の官渡の戦い勝利も。
    もしかして歴史に転生者は多いのかもしれない。

 

ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ
カウンター日別表示