ゆっくり戻るよ! ブログ欄(ジャンル別欄)
韓国事故・犯罪 セウォル号事件インチョンアジア大会2014ピーナッツ・リターン事件韓国兵による銃乱射事件韓国の違法漁業タイの国王侮辱事件100台玉突き事故換気口崩落事故 駐韓米大使ナイフめった刺し事件
歴史・戦争  政治・汚職 韓国スポーツ  韓国軍事・兵器 従軍慰安婦問題 
韓国経済 あ●韓国製の原発開発破綻問題
整形大国  ワールドカップ 朝鮮戦争
起源主張・文化 日本  産経新聞  朝日新聞 
パククネ大統領  李明博(イ・ミョンバク)政権
韓国企業  サムスン 大企業ヒュンダイ  ボスコ
共通コンテンツ 現代の軍隊と現代兵器 世界の事故・犯罪 オリンピックの歴史 世界の経済 ●世界の食べ物 ●世界の芸術 ●F1の歴史 

韓国の歴史  管理人の文章【283】
韓国軍「銃弾に欠陥があった。240億分の弾丸を廃棄しないといけないかも……」


カウンター日別表示
パククネ政権時代の記事
     
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ジャンル別  韓国軍事・兵器 現代の軍隊と現代兵器

韓国軍「銃弾に欠陥があった。240億分の弾丸を廃棄しないといけないかも……」

2015/4/2

「相次ぐ爆発事故を起こして品質論議」
「K-11複合小銃20ミリ空中爆発弾15万発の廃棄が確定すれば、損失費用だけで240億ウォンほどに達する」
「低周波帯域(60Hz)の高出力(180dBpT)電磁波に影響を受ける」


ユリアン(´・ω・`)提督、韓国軍の格好悪い銃の銃弾が欠陥品だったようです。

ヤン(`・ω・´)やれやれ、定期的に韓国軍は欠陥兵器が明らかになって騒ぎになるね。
爆発事故を起こす銃弾なんて、取り扱いが危なくて、兵士の安全を考えてないよ。

ユリアン(´・ω・`)しかも、一発16万ウォンする超高コスト銃弾です。

ヤン(`・ω・´)経済性すらも考えてないのか!


銀河英雄伝説ネタ☝

ソースはハングル

【ソウル=ニューシス】キム・フンギ記者=最近、相次ぐ爆発事故を起こして品質論議がおきているK-11複合小銃20ミリ空中爆発弾15万発が廃棄される危機にひんしている。廃棄が確定すれば、損失費用だけで240億ウォンほどに達するものと見られる。

防衛事業庁は昨年8〜12月、行った20ミリ空中爆発弾の電磁波影響確認試験の結果、低周波帯域(60Hz)の高出力(180dBpT)電磁波に影響を受けることが明らかになったと1日明らかにした。このような現象は初期に生産した弾薬15万発で特に顕著に現れることが確認された。当初、全18万発を生産したが3万発は実験のために使用した。

廃棄する場合、一発当たりの生産単価が16万ウォンに達し損失額だけで何と240億ウォンに達すると予想される。

防衛事業庁関係者はこれについて「電磁波に影響を受ける問題が実験室だけで発生するのか、それとも野戦でも起きるのか把握するため今月中に韓国電磁波研究所に追加実験を依頼する予定だ」と説明した。軍は実験結果が出次第、検討を経て上半期内に20ミリ空中爆発弾15万発を廃棄するかどうかを最終決定する予定だ。

K-11は5.56ミリ小銃と20ミリ空中爆発弾発射機が結びついた二重層列構造の小銃だ。既存のK-2小銃とK-201流弾発射機を合わせたもので国防科学研究所(ADD)が開発しS&Tモチーフとイオシステムが生産している。しかし、2011年10月に発生した1次爆発事故に対する後続措置以後、昨年3月12日に射撃場で再び爆発事故が発生し、戦力化が延期された。

これまで電子装備が大挙搭載されるだけに電磁波の影響を受けて事故が起きるのではないかという指摘が出たが、軍は適切な措置を取らなかった。そのうち昨年、第二次爆発事故が起きて後、電磁波影響実験を行った。

一方、昨年、生産会社の品質検査中に発生したK-11複合型小銃射撃調速装置の亀裂原因は微細な気孔と亀裂のためであることが明らかになった。同庁関係者は「最初、生産したものは問題がなかったが、以後生産したもので後方装置対の気孔と収縮高、微細亀裂と三角ホームネジが弛むことによって(亀裂が)発生した。早急な内に生産会社と協議して改善法案を用意する」と明らかにした。< /p><p>ttp://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20150401_0013574372&cID=10304&pID=10300


(´・ω・`)この武器の形状的に、かなり重量が重くて持ち運びが不便だから、兵士達から見たら取り扱いに困るだろうなって思った。
弾丸そのものも敵に接近した時に爆発する仕様のようだから、かなり高コストのハイテク銃弾。
つまり、韓国の工業力でそんなもん実用化した事そのものがやばい。

韓国の銃弾(´・ω・`)小銃の銃弾なのに、一発16万ウォンします!
しかも、電波の影響を受けて、実戦では使い物になりません!


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

22 件のコメント:

  1. 韓国軍には優秀な兵器が揃っていますよ
    どれもこれも韓国のオリジナルです
    日本の発明品じゃありません
    一番優れているところは値段です

    返信削除
    返信
    1. ちょっと! 射撃訓練場(こんなところ)で動かしちゃ危ない! 止まれ! うわぁぁぁっ!
      (暴発して死亡)

      削除
    2. 韓国の官僚(´・ω・`)役人の懐に入るお金が大きいという意味で、素晴らしい高コスト兵器なんです。

      削除
    3. 実際韓国の兵器調達は、第1目的が着服、第2も着服、
      34が無くて5も着服なので、大変目的に合致しているのです。
      非常に合理的ですね。
      すぐ隣に敵国があるって言う問題を無視すればですが。

      削除
    4. 子弾をばらまく155ミリ榴弾砲弾も日本円で約6,000億円分購入しといて、「使えねーぇ」とかいっていたような気が。まだ買う計画があるとかいっていたやつ。
      無駄金捨てる無理な買物しているけど、どうすんの。
      こんなばら撒き予算やめたら、とっくに自国で南北統一費用を貯められるのじゃないの。

      そんな余裕がないので、自国の準備を他国にさせる気満々でたかるところが両班すぎる。

      削除
  2. 240億ウォンってことは約26億円か…で、炸裂弾一発が1万7000円と。
    なんてもったいない!

    返信削除
  3. この銃知ってるわ。XM29のパクリコンセプトと言うか劣化コピーと言うか・・・。

    上に乗っかってるグレネードランチャーは電子計測器とか搭載しててやたらハイテクなのは本家と同じなんだけど、肝心の動作機構が「ボルトアクション」なんだよね・・・。
    いざと言う時手軽にバラ撒けないんじゃなんの為の高価な専用弾なのかわからんよ・・・。最初からおかしいw
    セミオートのライフルで戦闘しながらランチャーに切り替えた途端ボルトアクションのレバー操作を要求されるって時点で、ちょっと非実践的だわ。
    これじゃ普通のグレネードランチャーをよく狙って撃つ方が大分マシだよ。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)なんてことだ。
      元ネタの兵器も、高コストすぎて部隊が編成できなくなる件。

      費用とXM29の存在意義[編集]

      テストの結果、XM29は従来型の個人携帯兵器よりも「最大で500%」高い効果が得られるという。しかし、この計画はサイズや重量の点で問題があったため、中止に追い込まれることとなった。

      重量は、プロトタイプのXM29で5.5kg[7]であるが、実用運用重量は一挺で8kg以上となる。値段に関しては専門家からは「XM29のコンセプトは兵士に高価な兵器を装備させて予算的に部隊の編成を不可能にさせることで、戦闘を防ぐものかもしれない」と皮肉を言われるほどである。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/XM29_OICW#.E8.B2.BB.E7.94.A8.E3.81.A8XM29.E3.81.AE.E5.AD.98.E5.9C.A8.E6.84.8F.E7.BE.A9

      削除
  4. >指摘が出たが、軍は適切な措置を取らなかった。
    ああ、いつも通りだ。安定の税金泥棒ぶり。
    韓国軍は主に関係者の懐に税金を流し込むために存在している。

    返信削除
  5. 韓国軍の腐敗っぷりは良くニュースでやるよね。
    対北朝鮮があるせいで軍部が聖域化してるんだろうか?

    返信削除
    返信
    1. 金回りは良いんだろうなぁ。
      ただ、朝鮮日報やレコードチャイナにガンガン載ってるんで、金回りの良さを怨まれても居るらしい。

      削除
    2. 予算を消化する言い訳にはしやすいし、やりかたは手馴れている。
      残されるクズ鉄、使えない兵器が満載。
      作動不良で性能が発揮することのできない矛(グレネード弾)、絶対貫かれる盾(防弾チョッキ)=矛盾だった。

      1発1万6千円強のスマートグレネード弾は使えなかった。
      近距離で破裂したり、作動しなかったりする。
      これって、固有の電磁波を発する携帯電話とか、妨害電波で暴発させられるってこと。

      削除
  6. 見える……見えるぞ…………
    破棄の予算までポケットに入れるべく、予算通した後穴掘って埋めるとか海中投棄とかする姿があああっっっw

    返信削除
    返信
    1. ホントにこんなものなら、ISに横流しすれば良いんじゃないですか。
      韓国軍の中の人はお金儲かる。
      害虫は一網打尽と一石二鳥。

      削除
    2. 少し前に、テロリストどもに催涙弾売ってるのが問題になってたし、ありうるなw

      削除
    3. ついでに兵士(国民)も売ろう!

      削除
  7. 試作の際のフィティングとか調整とかいい加減で、結果も検査もどうでもよいので通ってしまい、量産に入り、配備後に不具合が出るのが前提の兵器が多すぎ。
    改良もできないので廃棄とか無駄金使ってんなー。

    返信削除
  8. そもそも小銃の弾を空中で炸裂させる意味ってあるんですかね?
    遮蔽物や塹壕に隠れている相手狙うなら、グレネードランチャーか迫撃砲で曲線的に狙った方がいいような

    返信削除
    返信
    1. 銃弾といっても20ミリのグレネード弾とのこと。もともと口径が小さいので予想より低威力になってしまった。

      通常のグレネード弾だと大きな山形の弾道を描いて低速で飛んでゆき落下点などや一定の距離で炸裂するが、この20mmランチャーの弾は小型砲の砲弾のように高速で水平に目標に向かって高速で飛翔する。
      敵に直撃弾を与えなくても敵の至近距離に弾が到達すれば、銃のセンサーから情報を得た弾頭が敵の至近距離で信管を作動させ炸裂して周囲の敵を殺傷することが可能らしい。
      敵周辺の空中で炸裂するため、銃弾を敵兵一人に一発当てるよりも、砲弾一発で炸裂時に発生する破片でより多くの敵兵を殺傷することが利点としてコンセプトして開発されたようです。
      弾頭を任意の距離で、適切なタイミングで信管を作動させ効率よく炸裂させることが難しいらしい。
      その構造や小銃に組み込む技術的困難、開発費の高騰、銃本体の複雑、大型化、重量化と比較して、予想より低威力などあまりメリットがなくなり、もともとの米国での開発計画も中止されたとのことです。


      それまでライフル弾を一発一発敵に当てることによって敵を制圧しなければならなかったので、この点においては従来火器に比べ優れている。 破片が四方に飛散するため、遮蔽物に身を隠している敵や塹壕に立て篭る敵に対しても、その付近へ砲弾をライフル弾の様に撃ち込むだけで殲滅することが可能である[6]。 さらに、砲弾を直接敵に当てて攻撃するわけではないので、従来のライフル弾のように射距離が遠くなればなるほど、その分威力効果が薄れるということも無い。

      しかし、欠点が無い訳ではなく、弾頭に複雑な信管が組み込まれているため、砲弾一発の値段が非常に高い。
      従来の

      削除
    2. 編集に失敗尻切れになってすみません。

      削除
  9. 軍隊が何かやらかすってのは日本も結構やってるらしいのでなんとも言えんね

    返信削除
    返信
    1. 韓国の欠陥兵器群の場合、軍は被害者だよ

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ
26