ゆっくり戻るよ! ブログ欄(ジャンル別欄)
歴史・戦争  政治・汚職 韓国事故・犯罪 韓国スポーツ  韓国経済 韓国軍事・兵器 セウォル号事件 韓国製の原発開発破綻問題 従軍慰安婦問題 
整形大国  ワールドカップ 韓国兵による銃乱射事件 韓国の違法漁業 朝鮮戦争 インチョンアジア大会2014
起源主張・文化 日本  産経新聞  朝日新聞  タイの国王侮辱事件  換気口崩落事故  ピーナッツ・リターン事件  100台玉突き事故 
パククネ大統領  李明博(イ・ミョンバク)政権
韓国企業  サムスン 大企業ヒュンダイ  ボスコ
共通コンテンツ 現代の軍隊と現代兵器 世界の事故・犯罪 オリンピックの歴史 世界の経済

韓国の歴史  管理人の文章【256】
韓国軍「大企業サムスンの子息たちの73%が兵役逃れ、日本に留学して兵役回避」


カウンター日別表示
パククネ政権時代の記事
      
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ジャンル別  韓国軍事・兵器 現代の軍隊と現代兵器 サムスン
韓国軍「大企業サムスンの子息たちの73%が兵役逃れ、日本に留学して兵役回避」 2015/2/28

 イ・メンヒ元会長は、日本への密航と兵役忌避を告白している。 時は6・25(朝鮮戦争)が始まった1950年だ。イ・メンヒ元会長は「釜山に下った後、私は日本に密航することを決心した。後に慶北(キョンブク)中学の同期生であり陸軍士官学校を卒業した後に軍人の道を歩んでいた友人には『お前たちがきっと国を立派に守るだろうと信じたので、私は日本に行って祖国の未来のために熱心に勉強した


ユリアン(´・ω・`)提督、特権階級が兵役逃れするのって、何処でも同じなんですね。

ヤン(`・ω・´)正直者がバカを見るのが民主主義の軍隊なのさ。
ほら、お金と権力があれば兵役逃れがばれたとしても、3年の兵役が40日の短さに短縮されているだろう?
腐った民主主義って奴を私達は目の当たりにしているんだよ。
私だってお金があれば戦争になんて行ってないさ。

銀河英雄伝説ネタ☝

ソースの一部
一般人の兵役免除率は6.4%…
財閥一家平均でも33%なのに
2世から3、4世に続く“例外なき”免除
しかし兄弟間でも暗闘…
免除の理由は“総合ギフトセット”
1997年9月1日午前、民族民主遺族協議会会員たちが新韓国党舎前で政界と財閥の子弟の兵役免除を糾弾し、軍で発生した疑問死に対する真相の究明を要求している。 チャン・チョルギュ記者//ハンギョレ新聞社


  旧正月連休初日の18日、新聞の朝刊にはハンソルグループの3世であるチョ氏(24)が兵役不正を犯した疑いで裁判に付されたという記事が載った。 チョ氏はハンソルグループの創業者であるイ・インヒ顧問の孫であり、チョ・ドンマン前ハンソル アイグローブ会長の息子であり広義のサムスン一家の一員だ。


  数年前、韓国放送(KBS)が財閥一家の息子たちの兵役問題を報道したことがあるが、サムスン一家が最も目についた。一般人の兵役免除率は6.4%であるのに対して、財閥一家の免除率は33%で5倍も高かった。ところが、サムスン一家はその比率が73%で、財閥一家の平均値を大幅に上回った。 財界順位のみならず兵役免除率でもサムスンは断然独歩的な位置を占めているわけだ。 今回起訴されたチョ氏まで反映すれば、その数値はさらに上方修正される。


  サムスン一家の兵役免除の歴史は、創業者イ・ビョンチョル会長の三人の息子イ・メンヒ、イ・チャンヒ、イ・ゴンヒの三兄弟から始まる。三兄弟の兵役免除理由や経緯は推測があるだけで具体的な内容が報道されたことはない。 だが、既に絶版になった昔の本の中でその真実を微かに読み取れる。


2世のメンヒ、チャンヒ兄弟、日本密航と留学で兵役を回避
末男のゴンヒは朴正煕の特命で40日間訓練…
「長兄が私を軍隊に告訴」長期にわたる疑いと恨み
 
サムスン一家2世のイ・メンヒ、チャンヒ、ゴンヒ3兄弟(左から)//ハンギョレ新聞社

 

  イ・ゴンヒ サムスン会長の場合、インターネットを検索してみれば兵役免除理由として“精神疾患”が多く出てくる。 今は総合編成チャンネルで猛活躍中のカン・ヨンソク弁護士が、かつて議員だった頃に「イ・ゴンヒ サムスングループ会長は精神疾患で兵役免除を受けた」と主張した。 しかし、その出処は定かでない。 むしろ精神疾患は事実でない可能性が高い。 とんでもないことに真実は“元東亜グループのチェ・ウォンソク会長の霏雪録”という副題がついた本『それでも愛しているから』に隠されていた。


  この本にはキム・ギョリョン元東亜コンクリート社長のインタビューが載っている。 キム元社長は「私が保安司対共処長だった1971年、大統領府の特命を受けて高位層の子弟、財閥の子弟に対する兵務不正事件を取り扱いました。ところで徹底的に調査しろと特命が降りてきた理由が、サムスン創業者のイ会長の息子が軍隊に行く年齢だと思われるのに昼間にゴルフをしていて、よりによって大統領に見つかったという話でしょう。 それで抜き差しならなくなり捕まりました。その人が今のイ・ゴンヒ会長ですが、創業者の息子がゴルフするのを見れば、他の特権層の子弟も同様じゃないか、徹底的に調べてみろという大統領特命が下ったのです。 そこで情報部、保安司、警察、国防部、全て動員されて調査をしてみると50人余りも大量に引っかかったのです」と言う。 そして結論的には、この時に引っかかった人は全員軍隊に連れて行かれ4週間の訓練を受けることで兵役を終える。ところが「イ会長は朴(正煕)大統領に直接見つかったので、40日間30師団で訓練受けるよう措置して終結」したというのがキム元社長の証言だ。イ・ゴンヒ会長を直接調査し、その処分について朴正煕大統領の直接決裁まで受けたというのでは信じなければならない。


  他の人が3年する苦労を40日で間に合わせたのだから途方もない特典だ。だが、イ・ゴンヒ会長はその時すでに30歳を越えていたし、結婚もして息子のジェヨンが3歳でかわいい盛りだ。よりによって大統領の目に止まり、歳を取ってから余計な苦労をした本人としては、とても悔しかっただろう。


  だが、話はここでは終わらない。もう一度の反転を体験する。イ・ゴンヒ会長は2012年4月、一番上の兄イ・メンヒ元第一肥料会長と遺産問題で争った時、記者たちに昔話をして見せた。「その人(イ・メンヒ元会長)は30年前に私を軍隊に告訴して、父親を刑務所に入れようと朴正煕大統領に告発した人」と話した。 これは前日イ・メンヒ元会長が「(イ・ゴンヒ会長の)一銭もやらないという貪欲が訴訟を招いた」という発言に腹を立ててした話かもしれないが、彼が自身の兵役問題をどのように見ているかを示す内容だ。「父親を刑務所に入れようと告発」したことは広く知られた事実だが「私を軍隊に告訴」したことは初めて出てくる話だった。


  30年前であるなら創業者のイ・ビョンチョルが外貨不法搬出、第一毛織と第一製糖の脱税を日常的に行ったとして朴正煕大統領に投書したいわゆる“謀反”事件で、サムスン一家だけでなく世間が沸きかえった時期だ。当時の投書の主人公として次男のイ・チャンヒ元新韓メディア会長が名指しされ、そのためイ・チャンヒ元会長は米国に追い出されている。


  これと関連してイ・メンヒ元会長は、1993年に刊行された自叙伝『伏せておいた話』を通じて「謀反事件は弟のチャンヒが投書したのに、投書に私も一緒に介入したと父親は誤解したようだ。 だが、私は絶対に介入していないと誓うことができる」と主張した。 だが、イ・ゴンヒ会長はその謀反事件の中心に、長兄イ・メンヒ元会長がいて、自身までも軍隊に告訴し苦労させたと見ているようだ。従って昼間にゴルフをしていて運悪く朴正煕大統領に見つかったのではなく、兄たちが父親と自身を排斥するために父親については不正問題、自身については兵役問題で大統領府に投書し軍隊に告発したと理解しているわけだ。


  キム・ギョリョン元東亜コンクリート社長の証言とイ・ゴンヒ会長の見方のうち、どちらが真実かは分からない。しかし常識的に見れば、イ・ゴンヒ会長の話が事実である可能性が高い。 イ・ゴンヒ会長がいくら分別のない財閥一家の坊ちゃん時期であっても、飛ぶ鳥も落とす威勢の朴正煕大統領の前でぶらぶらとゴルフするというのは想像しにくいためだ。 当時イ・ゴンヒ会長の兵役問題は隠密に投書が入ったことなので、大統領府がキム・ギョリョン当時保安司対共処長にその出処を隠して朴正煕大統領が直接目撃したと言い繕ったのでないかと考えられる。


  末っ子だけが軍隊に行かなかったのではなく、長男も次男も同様に軍隊に行かなかった。 自叙伝『伏せておいた話』に出る「明らかにしたくない履歴…密航」で、イ・メンヒ元会長は、日本への密航と兵役忌避を告白している。 時は6・25(朝鮮戦争)が始まった1950年だ。イ・メンヒ元会長は「釜山に下った後、私は日本に密航することを決心した。後に慶北(キョンブク)中学の同期生であり陸軍士官学校を卒業した後に軍人の道を歩んでいた友人には『お前たちがきっと国を立派に守るだろうと信じたので、私は日本に行って祖国の未来のために熱心に勉強した』 と笑い話をしたが、その当時に密航したということは恥ずかしいことではないのか? その点については今でも申し訳なく感じている。当時、私は20歳、当然に軍隊に入隊しなければならない年齢だった」と記している。ここで軍人の道を歩んでいた友人とは、全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)、鄭鎬溶(チョン・ホヨン)、金復東(キム・ボクトン)など80年新軍部の錚々たる主役たちだ。


  第二に、チャンヒに言及した部分からも兵役問題を推論できる。イ・チャンヒ元会長は1933年生まれだ。「私が東京農大に入った翌年の52年、チャンヒが日本に留学に来たが」という部分や日本留学生活を永くして「東京の帝国ホテルで結婚式を挙げた」という話などから類推してイ・チャンヒ元会長もまた“長期留学”という名分で兵役免除を受けたのでないかと思われる。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19749.html

(´・ω・`)また正しいオートレベルアップの使い方で良い架空国家思いついた。
これは絶対書くべき

●兵役の国なのですー

軍人(´・ω・`)長年、隣国と戦争をし続けて思ったんです。なぜ、国民が低賃金の兵役を受けないといけないのかと
だから、外国人全員を徴兵する国民皆兵ならぬ、外人皆兵制度を作りました。

主人公(´・ω・`)

軍人(´・ω・`)はい、銃と軍服をプレゼントします。
国民の血税で作られた物ですから紛失しないように注意するように。
あそこにいる督戦隊(常備軍)の皆と一緒に、隣国に戦争してください。
逃げたら背後から撃たれますので、くれぐれも逃げないでください。殺されますから。

主人公(´・ω・`)あなたは戦場に行かないので?

軍人(´・ω・`)はっ?なにを言っているんですか?
私は産まれながれの特権階級なんです!
一般人や外国人のあなたとは違うんですよ!
まぁ若い頃は、親の権力を使って兵役逃れをしましたが、最近ばれてしまってこうやって罰として40日の兵役に就く事になったんです。

主人公(´・ω・`)兵役40日は短いですね。

軍人(´・ω・`)いえ、我が国の兵役は3年間です。
外人の場合は、死ぬまでずーと徴兵されます。
私は特権使って期間を短縮しただけです。

主人公(´・ω・`)

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

17 件のコメント:

  1. ラインハルト(´・ω・`)腐っているキルヒアイス!

    キルヒアイス(´・ω・`)銀河帝国の貴族たちを思い出しますね・・・あの人たちも安全地帯でゆっくりしている特権階級でした。

    返信削除
    返信
    1. メルカッツ
      「兵役には良い側面と悪い側面がある」

      シュナイダー
      「一定の兵力の維持、つまり戦力の安定化が安価でできます」
      「しかし、低賃金で強制された為、兵の士気は低くなりますね」
      「古代地球のスターリンという人物は、それを懸念して」
      「徴兵した兵士に敵前逃亡したら家族を殺すとまで言ったとか……」

      メルカッツ
      「門閥貴族連合でも、同様の事が行われただろうな……もっとも」
      「最終的にはそれすら出来なくなって、次々と逃亡する兵を見送ったが……」

      削除
    2. (´・ω・`)国民皆兵の国で、平民に権限がないとか、それなんて罰ゲーム。

      平民(´・ω・`)あの徴兵は義務なんですよね?

      貴族(´・ω・`)うん(俺は安全地帯でゆっくりするけど)

      平民(´・ω・`)しかも、長いあいだ戦争やっているせいで、軍隊そのものが荒れてエロゲーなんですよね?

      貴族(´・ω・`)うん、鬼畜エロゲー。
      女の子は集団レイプされちゃう。

      平民(´・ω・`)もうやだー

      削除
    3. まぁ、どこの国でも一部のエリートにとって数年に及ぶ兵役期間と言うのは相当な損失になるのは事実だからね。
      外部から遮断された数年はコネを希薄化させ、スキルを錆びつかせ、情報に乗り遅れる。
      しかも大抵伸び盛りの真っ最中に兵役期間があるものだから、その時期、軍務に時間取られるのはかなり痛い。
      後回しにしても、成長して重役になった時点では数年引っ張られるともう元の地位に復帰出来ない危険がある。

      そういった特権階級一族の視点だと本当に悪夢なんだよなぁ。
      ある程度は努力しないと、特権階級で居続ける事は出来ないわけですし。
      しかも、徴兵基準が厳格で、周りも足並み揃えて損失を被ってくれるならまだ諦めもつくけど、
      上手く逃れた奴が多くてそうでない奴との間に相対的な差が開くともなれば、誰も彼もが兵役なんて真面目にやってられない。

      ま、当然3k現場に行きたくないとか、命が惜しいとかのほうも大きいだろうけどね。

      削除
    4. 軍にいても学べることは多いと思うけどね。
      統率術や訓練ノウハウ、組織の作り方とか。
      無論いやいや数年いるだけなら何も学べないと思うけど。
      でもその程度の人間がエリート面とか笑えるよね。

      削除
    5. そんなのを学べるのは初めから軍学校行って、軍内のエリートコース乗ってる奴だけだと思うよ。
      兵役で学ぶのは基本的に心身の鍛錬と無条件の服従、組織内での身の処し方、兵士に必要な各種技術。
      いくら富裕層の出だからと言って、よっぽどでないと兵役でいきなり幹部扱いはされないし。
      統率術は適正がある奴はやるだろうけど、リーダーシップの訓練ならどこに居てもできるしね。

      それに今迄やったこともないことを簡単にモノに出来たり、
      どんな体験からも教訓を得て貪欲に成長していくような人はエリートじゃなくて天才って言うんだと思うよ。
      エリートは所詮、幼少から高度な教育を受けた人間と言う意味であって、天才とはまた違うし。

      削除
    6. ↑2
      それは軍じゃなくって士官学校で教わることだろ
      精々が体が鍛えられるのと集団生活の経験が出来るくらいしかないぞ

      削除
    7. 若者(´・ω・`)徴兵されました!

      上司(´・ω・`)使い捨ての下っ端兵士として教育するぞ!
      朝起きたら準備!集合の合図ですぐに寮の前に来るように!

      若者(´・ω・`)

      上司(´・ω・`)夜は衣服と部屋の掃除だ!
      それが終わったらすぐ寝ろよ!

      若者(´・ω・`)辛い

      上司(´・ω・`)よし、そろそろ体力錬成だ!
      走りまくれ!走れ!走れ!

      若者(´・ω・`)

      上司(´・ω・`)銃の分解整備やるぞ!
      この図面は国家機密だから、持ち出すなよ!

      上司(´・ω・`)はい、兵役おしまい。外に放り出す。

      若者(´・ω・`)数年を軍で浪費してもうた。

      削除
    8. 留学生に聞いたことがある。
      穴掘って埋めて、穴掘って埋めて、穴の中から頭を出さずに射撃する練習してたそうだ。
      そんで、夜に先輩に呼び出されて、腕立て伏せさせられて、穴掘らされて、埋めてたって。

      削除
  2. 古代ギリシャやローマとなんかはむしろ兵役に就けるのが特権であり名誉だったんだよね
    一番裕福な連中がお金もかかって危険な騎兵を担当するぐらいだったし
    まぁ時代がくだるにしたがってに兵役の担い手が貧困層、外国人になりだしてから国家としてのモラルが維持できなくなって
    衰退していくんだが(元老院議員が戦争経験を積まないから現実的な判断力が鈍くなったのもある)

    返信削除
  3. 韓国国会の国政監査らよれば
    じつは財閥一家の10人に1人以上が米国籍保有者なんだ。
    韓国が崩壊しようとも脱出できるからどうなってもいいんだ。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)まさに 
      【金が物を言う】(ことわざ)

      削除
  4. あれ?
    刺青を入れてたら、兵役を逃れられるんじゃなかったっけ?

    もうそれでいいんじゃね?

    返信削除
    返信
    1. 頭思いっきりぶん殴ってもらって、脳に障害を与えてもらえばいい。
      どうせ脳なんか使わないんだからなんの問題もない。

      削除
    2. あの国の人間の脳には最初から障害があるじゃないですかヤダー

      削除
    3. 一般的基準で障害であっても、
      是認が持ってれば韓国人としては障害ならないんじゃないだろうか?
      って言うか、それを理由に兵役免除したら、誰も徴兵できない。
      仮に全国民が全盲の国があったら、
      そこでは盲人は障害者の範疇から除かれざる得ないだろう。

      削除
    4. ×是認
      ○全員

 
ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ