戻る(・ω・`) ブログ欄(ジャンル別欄)
歴史・戦争  政治・汚職 事故・犯罪 スポーツ  経済 軍事・兵器 セウォル号事件 韓国製の原発開発破綻問題 従軍慰安婦問題 
整形大国  ワールドカップ 韓国兵による銃乱射事件 大企業ヒュンダイ 韓国の違法漁業 朝鮮戦争 サムスン インチョンアジア大会2014
起源主張・文化 オリンピック  日本  産経新聞  朝日新聞  タイの国王侮辱事件  換気口崩落事故 
パククネ大統領  李明博(イ・ミョンバク)政権

韓国の歴史  管理人の文章【225】
160億円かけて作った韓国海軍の最新鋭救助艦、搭載ソナーが軍用ではなくマグロ用魚群探知機だった。


カウンター日別表示
 
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
160億円かけて作った韓国海軍の最新鋭救助艦、搭載ソナーが軍用ではなくマグロ用魚群探知機だった。 2014/12/8
ジャンル別  軍事・兵器

 
先生(´・ω・`)最初はアメリカ企業の最新鋭軍用ソナーを艦艇に装備する予定だったんだけど、仲介した韓国会社の払う賄賂が足りないから韓国海軍が拒否って、マグロ用魚群探知機を装備しちゃったんだ。

弟子(´ω`))汚職ひどすぎますよね、韓国。
救助用の艦艇なのに、利権の温床になってますよ。


もふもふ・きつねっこぉネタ

ソースの一部
「最新鋭」の看板とは裏腹に40年前の性能のソナーを搭載していたと指摘され、韓国内で大問題になった海軍の救助艦「統営(トンヨン)艦」に、さらなるスキャンダルが持ち上がった。
 搭載されていたのは軍用ソナーではなく、漁船用の「魚群探知機」だったことが監査で明らかになったのだ。
 探知機自体は最新鋭でマグロ漁に適しているとされるが、韓国内では「1600億ウォン(約160億円)の税金を投入して軍艦ではなく、高性能のマグロ漁船を建造したのか」と軍や防衛当局に再び批判が集中している。(岡田敏彦)

  統営艦(3500トン)は、沈没もしくは沈みかけている軍艦や潜水艦から乗員を救助、曳船(えいせん)するための救助艦(救難艦)として2010年起工、12年に進水した。
 以降、さまざまな装備の設置工事を行っていたが、海軍への引き渡し予定の昨年9月になっても完成せず。
 今年4月のセウォル号沈没事故でも現場に姿はなく、「無用の長物」(東亜日報電子版)などと厳しく批判された。
http://www.sankei.com/west/news/141208/wst1412080002-n1.html

(´・ω・`)現実とは、一体何なんじゃろな。


仲介会社(´・ω・`)アメリカの最新鋭のソナーです。

韓国海軍(´・ω・`)賄賂が足りないから却下


仲介会社(´・ω・`)はっ?

韓国海軍
(´・ω・`)兵器の性能なんてどうでもいいから賄賂よこせ。

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

20 件のコメント:

  1. これ現実?コントのネタじゃないの?

    返信削除
    返信
    1. http://suliruku.futene.net/uratop_2ch/2zi_zyanru/Kankoku_Gunzi.html

      (´・ω・`)現実はある意味、コントよりも楽しい

      削除
    2. キムチイージス艦について別スレで欠陥だらけの特集してたけど、この艦は、巡航中のスクリュー音が想定よりかなり高いらしいので、水中放射雑音が大きくて敵の艦艇や潜水艦に探知されやすいという弱点が明らかになった。
      普通だったら納入メーカーに納入をやめさせて、改修させるか、新型のスクリューを導入するのがすじだが、就航時期が近いとして、海軍は数億ウォン(数千万円)の賠償金を課してそのまま納品して、実戦配備してしまった。
      ただでさえ、囮魚雷防御システムは水漏れで作動しない、艦体下部の形状設計がおかしいので、高速時に蛇行して直進できない。鳴り物入りの国産魚雷「青鮫」を「赤鮫」垂直魚雷ロケット発射機は計画射程は30キロを誇る世界水準の約2倍の射程で飛ばす予定だったが、試験時にまともに飛ばず10キロ先で落着、魚雷は作動不良でロスト(行方不明)というすごい新兵器だった。
      最新鋭国産「青鮫」魚雷も試験でまともに作動せず、目標を海中で捕捉できないありさまだった。
      主目的ではないが対潜水艦作戦および魚雷への防御力が皆無に近い世界で最も弱いイージス艦でもあるのです。
      重武装で世界最強のキムチイージス艦は、予算不足で乗せている対空ミサイルは半分で、各国のミニ・イージス並みに、整備不良のためにリムパック演習で目標の反対に飛んで自爆させる羽目に。
      また、トップヘビーの重量を軽減するため、艦体上層部をアルミ構造にしたため打たれ弱くなってしまった。
      なおかつもともと同クラスのあたご級イージス艦より200億円安く仕上がったといわれていますが、米国が輸出を許可しなかった対電子戦機器や対潜システムを国産で開発し、代替したので、かえって一隻当たりの単価が高騰し、ほぼ同額になっていると思われます。
      計画の想定と仕上がった物の差が激しすぎて別物になっている。
      いつでも調達のミスに理由をつけて、納入会社から高額なリベートをとり、そのまま実戦配備するという豪華仕様の韓国防衛事業庁と韓国軍なのです。

      削除
    3. なんか韓国軍の体たらくぶりを見ていると、大日本帝国でも現代の韓国に勝てるような気がしてくるのが怖い。
      ・・・そうかパルメさんに書いてもらえばいいんだ(チラッ)

      削除
    4. 勝った所で損しかしない気がしてくるのが怖い。

      削除
  2. 韓国軍は比較的まともらしいよ。彼の国の歴史からいっても、これは間違いない。
    あの国は文民統制がある意味世界一進んでるから、現場の意見なんかまるきり無視だし、例えば徴兵制を行っているけれど、それをまともに運用するだけの予算なんて組まれていない。こういった武器やらなんやらを卸す部署が、企業と組んで利益を享受してるのは間違いない。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)間違いないを二回も使う気持ち悪い文書いちゃった

      削除
    2. ↑(´・ω・`)その書き込みがあるまで、全然気づかんかった。

      削除
    3. 逆に言えば予算がないから賄賂で金と物資を確保していたともいえるな
      最も当然の如く腐敗の温床になってるわけだけど

      削除
  3. たしか、2億ウォン(約2,000万円)する「統営(トンヨン)」艦の音波探知機を40億ウォン(約4億円)多く払ってた。
    武器購買に関する合同参謀本部の記録引き出しや試験成績の偽造が普通に行われていた。

    救難艦なので、おそらく海に沈んだ艦船や航空機を捜索したり、自力で浮上できなくなった潜水艦を捜索し救助する目的で軍用高性能のソナーが必要とされているのに、搭載されたものが民生品の「魚群探知機」だった。
    元値からして海中捜索用の高性能軍用ソナーを約2,000万円で導入できる訳がないので、韓国防衛事業庁の仕様や見積りがでたらめだった可能性が、そして納品されたソナーに41億ウォン(4億1千万円)を支払っている。
    キャッシュバックか浮いた経費をネコババしたとしか考えられません。
    なお、魚群探知機なので、救助作戦時に捜索して海底と人工物を明確に判別し、位置を特定する機能なんかついてそうもありません。
    納入に際して、防衛事業庁が、ソナーの性能を「天安沈没事件で出動した救難艦、1996年に配備した中古艦である平沢級(1972年就役、元アメリカ合衆国イーデントン級救難艦、英国製、ATS-I)2隻のみで、捜索作業が難航したことにより救助戦力の不足が問題となった」と同等レベルに無断で引き下げていた。(第1段階のグレードダウンです。)
    もともと性能不足な約40年前に造船された前救難艦と同等のソナーなので、性能が大幅に不足し、不具合が発生、計画の性能が発揮できないことや不正な支出が問題となり明らかになった。
    その際「アップグレード型を納入しなかったアメリカ合衆国のソナー製造業者の責任である」と仕様を決めて発注したはずの当事者の防衛事業庁の関係者の発言があったとされている。
    また、問題となった米国製ソナーの代わりに、北欧ノルウェーのシムラッド社の「魚群探知機」を改良装備(笑)として設置したことが報道された。(第2段階のグレードダウンです。)
    納入後に異なる機種の配備が違法となることが指摘されていたが、「魚群探知機」の納入は防衛事業庁自身も関与したものであるらしい。
    これについて防衛事業庁は、「性能評価試験目的である」と説明している。言い訳が俊逸だと褒めたいくらいです。
    すんげーっ、韓国海軍の最新鋭の救難艦の軍用高性能ソナーが、いつの間にか勝手に2段階グレードダウンし「魚群探知機」です。
    また、当のサイドスキャンソナーは、3,000mまでの探査を可能とする計画であり、これに遠隔操作無人探査機(ROV)を組み合わせることで、機雷除去作業等の海中探索を可能とする予定であった様子。
    だが、調達したGMB USA社製のHD ROVは、物体の形状を捉えることが十分に出来ず性能不足との判断が下されていました。
    当時は最新鋭、国産技術の粋を集めた救難艦「統営艦」を配備して海難救助は万全とか言っていた海軍が受け取りを拒否する状況になった。進水時には、試験前にもかかわらず所定の性能が発揮できないことがわかっているという涙目に。
    そのため、セウォル号沈没事件で派遣が検討されたが、実際は出動できない(出動しても曳航船の役割しかできなかった)状況で海軍は出動させなかった。
    ふたをあければ、ほとんどの艤装については外国製の輸入品が使用されている。
    進水当時、韓国海軍が国内の技術で初めて製作された「最先端海難救助船」で無人水中探索機(ROV)とサイドスキャンソナーの自慢の「統営艦」というのは「まやかし」でした。

    (おまけ)
    シムラッド社のホームページに当ソナーの説明があり、「SH90 魚群探知機 高解像度、高周波数」という表記とともに、ソナーの画面があり、「北海でのツナ(マグロ、カツオ類)の群れを捕らえた様子。方向や深さ、群れの速さもよくわかる」などと説明されている。どう見てもマグロ漁船用だった。表題もバッチリ正しかったのです。

    返信削除
  4. こいつら度胸ありすぎだろ・・・世界でも5本の指に入るキチガイ国家といつ戦争再開してもおかしくないってのに

    返信削除
    返信
    1. 単に使うことを想定してないだけ。使うかどうか分からない兵器より確実に使う賄賂。

      削除
    2. どんなに性能がいい兵器を持っても韓国人は逃げるから無駄だろう。

      朝鮮戦争の時、アメリカ製の兵器を装備していたのに海に追い落とされそうになる体たらくw
      数少ない奮闘した部隊は、旧日本軍から教育を受けた連中だけだったそうだ。

      削除
    3. 南北でその5指のうちの2指を占めちゃってるからな、キチガイのやることは常人には分からん

      削除
    4. 同レベルの気違同士なので、当事者間なら何ら問題なし。
      ただしはた迷惑と巻き添え被害がねえ。

      削除
  5. 賭博で多少性能が低いのが選ばれる位なら世界的に見ても良くあることだが
    魚群探知機を堂々と載せるてのは神経図太いてレベルじゃないだろ

    返信削除
    返信
    1. 「潜水艦などマグロと変わらないニダ! 魚群探知機で十分に決まってるニダ! ウェーッハッハッハ!」ってことなんじゃねw

      削除
    2. 潜水艦はマグロよりでかいから当然探知できるはず。
      とか思ってそう。

      削除
  6. 水族館の話も頼む

    返信削除
  7. 最近のニュースでみたら、サイドスキャンソナーと無人海中探査機を搭載しないで就航させるという草仕様に。
    すごい、仕様目的に合致しない艦船を開発して実戦配備とか。
    ただの豪華な曳航船(タグボート)になってしまった。

 
戻る(・ω・`)
ブログパーツ