東アジアの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
日本★朝鮮(韓国)★北朝鮮中国モンゴル台湾
世界の芸術東アジアの芸術
世界の事故・犯罪・テロ東アジアの事故・犯罪
世界の政治・政策●東アジアの政治
経済の歴史東アジア経済 ●東アジアの技術●技術開発の歴史
●●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史
世界共通項目 隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
東アジアの歴史・現代ニュース【72》
中国「テトリスを映画化するお!」予算8000万ドル

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
セウォル号事件
(遺族関連で何年も続くネタ) +家の中のセウォル号事件1500人死傷 (被害者200万人?)
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
★項目別 
世界の芸術●東アジアの芸術
中国テトリスを映画化するお!」予算8000万ドル
2016
5/25


(´・ω・ `) 解説(-ω-) 


中国 (-ω-)出演者は全員中国人だ!


壮大なSFスリラーになるという映画版『テトリス』は、アメリカと中国の合作映画としては最大規模となる8000万ドルの予算で、
2017年に中国などで撮影が開始される。出演陣は全て中国人キャストになるとのこと。  

  
ユリアン(´・ω・ `)どんな内容になると思います?



ヤン (´・ω・`)次々と落ちてくるブロックを回避して、登って、脱出するゲームにしたら面白そうだよね。



メルカッツ (´・ω・`)(落ちゲーは、日本でも散々ネタにされたから……参考にできる資料がたくさんあるから、良い映画になると思うな……)



(´・ω・ `) ソース (´・ω・ `)


Threshold Global Studiosは17日、映画版『テトリス』の予算や撮影開始時期に関する詳細を明らかにした。

壮大なSFスリラーになるという映画版『テトリス』は、アメリカと中国の合作映画としては最大規模となる8000万ドルの予算で、
2017年に中国などで撮影が開始される。出演陣は全て中国人キャストになるとのこと。

製作は、『モータルコンバット』などで知られる製作会社Threshold Entertainment Groupと、Bruno Wu氏率いる
中国の製作会社Seven Star Worksのジョイント・ベンチャーThreshold Global Studiosが手掛ける。
『モータルコンバット』のLarry Kasanoff氏とBruno Wu氏がプロデューサーとして名を連ね、『デッドプール』や『ハリーポッター』シリーズに
携わったDane Smith氏がビジュアル・エフェクトを担当する。

   


迷探偵パルメ (´・ω・`)人間が次々と降ってきて、積もったら一気に消滅とかどうだろう?
そんな感じの残虐ゲーにしたら、ホラー映画になりそうだよね。



パルエモン (-ω-)それだとアニメ向きの内容になるだろ!?


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

9 件のコメント :

  1. テトリス(環境汚染、人権弾圧、独裁体制、経済格差)で押し潰される中国人のドキュメンタリー映画だったら見る

    返信削除
  2. 落ちてくるブロックを回避して登って脱出・・・
    遊戯王で似たような話が有ったような

    返信削除
    返信
    1. 遊戯王つーかアトラスの方じゃね?

      削除
    2. 遊戯王のDEATH-T編だったかで有ったんだよ
      上から降ってくるブロック避けて登って部屋から脱出する話が

      削除
    3. 本田君のリーゼントがブロックの間に・・・!

      削除
  3. 人民がモジ夫みたいな全身タイツを履いて
    固定した体型で一定の距離から落下
    ひき肉になった人民が折り重なって屍の山を作るんですねw
    新たな天安門でも引き起こすより
    手軽に政府批判者を粛正するのには金になるだけ良いかもしれんねw

    返信削除
  4. 「ピクセル」と言う映画にもテトリスが出てたな。
    ただ、中国よりもロシアの方が元ネタ的にも個人的にもいいな。

    返信削除
  5. これで脚本が「落ちた星の夜明け」のパクリだったりしたら笑える。

東アジアの歴史にゆっくり戻るよ!

ブログパーツ