東アジアの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
日本★朝鮮(韓国)★北朝鮮中国モンゴル台湾
世界の芸術東アジアの芸術
世界の事故・犯罪・テロ東アジアの事故・犯罪
世界の政治・政策●東アジアの政治
経済の歴史東アジア経済 ●東アジアの技術●技術開発の歴史
●●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史
世界共通項目 隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
東アジアの歴史・現代ニュース【187
韓国軍「新型小銃がとんでもない欠陥品だった」
100発撃つと熱くなって持てない

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
セウォル号事件
(遺族関連で何年も続くネタ) +家の中のセウォル号事件1500人死傷 (被害者200万人?)
★項目別 
世界の事故・犯罪・テロ東アジアの事故・犯罪 世界の政治・政策●東アジアの政治
韓国軍「新型小銃がとんでもない欠陥品だった」
100発撃つと熱くなって持てない
2016
10/18






(´・ω・ `) 解説(-ω-)   


韓国(´・ω・ `)皆ー。新しい銃だよー!
なんと、銃弾を撃つと熱くなりすぎて、持っていられなくなる仕様なんだー。



兵士(-ω-)おいこら!?
戦場で命を預ける武器が、欠陥製品ってどういう事だ!?



韓国(´・ω・ `)ふ、冬の間だけ、戦争すればワンチャンス……


(´・ω・ `) ソース (´・ω・ `)

 

2016年10月12日、韓国・SBSなどによると、韓国軍で使用されている新型小銃K2C1に致命的な欠陥が見つかり、軍当局が部隊への補給を一時的に中断し対策を講じることになった。

韓国軍関係者は同日、「前方部隊に支給されたK2C1小銃を100発以上発射すると銃身のカバーが熱くなり不便だと、兵士らから不満の声が上がった」と明らかにした。

K2C1は韓国軍の代表的な小銃であるK2の改良版で、軍は今年から前方部隊などに約1万8000丁を支給している。K2と性能面で大きな差はないものの、銃身カバー部分にレール装置を設けることで照準鏡などを新たに装着できるようになった。当初はプラスチック製だった銃身カバーがアルミニウム製に代えられて以降、使用時の発熱の問題が発生したという。

 

  


●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜) 先生ー
これはどういう事なんだぁー!?



(´・ω・`)……恐らく、軍需業者が不正して搾取した結果……こんな残りカスみたいな銃が完成したんじゃろう。
昔から続く問題じゃなぁ。



●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひでぇ!?


(´・ω・`)戦争になれば、兵士達の手が火傷して、自動的に戦闘不能になるとか、腐敗した業者は恐ろしいのう……。
自分たちの事しか考えとらん。




●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(韓国と北朝鮮がヘル朝鮮と呼ばれる理由がわかってきた……。
腐りすぎているんだ……)

東アジアのニュースと歴史



前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

23 件のコメント :

  1. 腐敗してなければ 中韓じゃありませんからね 伝統ですよ 

    返信削除
    返信
    1. 伝統とかかわいそうだろう、古代中国は偉大だったんだぞ。芸術や思想が発展できるくらい余裕があって、本当に世界一発達した国だったんだ。今は世界有数の腐った国かもしれないが。
      朝鮮?え、伝統なんてあるほど継続性あったっけ?

      削除
    2. 韓国は伝統なんか形成されないのが伝統なんですよ。

      削除
  2. 備品等を取り付けるレールを追加しようとしたら、従来の樹脂製ハンドガードの強度不足!でっアルミにしたら、銃身に直付け、サーモフィン状態にw
    本来なら、アルミ製ハンドガードと銃身の接触部分に断熱材を挟まないといけなかったのよw

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)なるほど(´・ω・`

      削除
    2. 通常はフォアグリップ追加

      コピペ
      フォアグリップ - MEDIAGUN DATABASE

      フォアグリップ / Foregrip †. その名の通り、銃前部に取り付けられた柄のこと。主に機関銃や突撃銃、散弾銃などの長銃に取り付けられる。 昔からハンドガード部が過熱しやすい銃には標準装備されている物が多く、連射で過熱しても銃を保持し続けられる利点 ...

      削除
  3. 小銃で100発連続で撃たざるを得ない状況自体が稀有な気も・・・
    本来の用途なら、マガジン2個撃ちきる前に"インターバル"入るだろうし、撃たなきゃイカン状況ならそんなこと気にしてる場合じゃないだろうし

    返信削除
    返信
    1. そらそうだろうけど
      インターバルと言っても10秒、20秒空けたら常温に戻る訳でもあるまいに

      断続的に撃っては動きを繰り返しているだけで
      同じ状態になるんじゃねーの

      削除
    2. 参考
      コピペ

      猛連射で敵を制圧する・機関銃

      ブレン軽機関銃の射手は、調整する場合には、弾頭を規正子の穴に差し込み約九〇度回して、つぎの大きい漏孔にあわせる。 ... 二〇〇発も射撃すると、銃身は実に熱くなり、摂氏五〇〇度になるのは普通で、人間の皮膚は、この温度にはとてもたえられないから ...

      削除
  4. 撃ち過ぎると熱くなるから弾を節約するだろう、という作り手の心遣い。
    巧の技が光ります。

    返信削除
    返信
    1. 兵士(´・ω・`)火傷してあぶねぇよー。

      削除
  5. ロシアの冬将軍用で 売ればいいのでは

    返信削除
    返信
    1. きっと、寒さで銃身が裂けると思うよ。
      その前に、AKがあるから、買わないよ。

      削除
  6. 火病を吹く銃か

    返信削除
  7. 考えようによっては百発くらいは連射可能なわけで、韓国の銃にしては優秀?

    返信削除
    返信
    1. 大半が100発行く前にジャムって動かなくなったりしてw

      削除
    2. 韓国軍制式銃なら100発撃てれば十分お釣りが来る。
      韓国軍制式銃払い下げの広告
      「新品同様、ほとんど使用されたこと無し、
       ただし、一度地面に放り投げられたことあり」
      (元ネタはイタリアだけどね)

      削除
    3. イタリア、韓国、昔は強かった半島国家。
      お仲間にスペイン、スウェーデン、ギリシア
      ローマ帝国は言うまでもなく、
      韓国も高句麗や新羅は強かった。
      どうしてこうなった?
      今は半島国家の時代じゃないのか?

      削除
    4. その辺の半島国家って、オスマントルコや元みたいな大陸国家に相性悪いよね。
      ヴェネチアもナポレオンにやられちゃったし。

      削除
    5. 100発か、イギリス製の銃型鈍器より1発多く撃てるなw
      でもK-2Cは、銃剣が、付かないからなー

      削除
    6. 半島国家が強かったのは海から攻めにくかった時代じゃないかな。
      人力だと大型船無理だし、頑丈じゃないと難破しちゃうしたり座礁しちゃうし、陸地に橋頭堡築こうとしてもその前に叩かれちゃうからね。
      半島側は陸続きの所を集中的に防衛していればいい。
      ただ逆に領土拡大がしにくいから物量で攻められると押し切られるね。物資は貿易で出入りしても人が住みつくには土地に限界があるし。

      削除
    7. 島嶼国家と違って、一応は陸続きだもんね。
      産業革命以前に海を越えて攻撃しようとした、
      フビライ、秀吉、天智天皇、フェリペ2世、ナポレオンらは
      やっぱどこか常軌を逸してる。
      待てよ、じゃあカエサルは偉大な例外?

      削除
  8. 改悪する前に試験で試射をしない超ペーパークオリティ
    流石ヒトモドキ国家だぜ
    まあ実戦になったら捨ててトンズラするんだから射撃性能なんて必要無いんだけどね

    返信削除

北朝鮮の今の指導者。人造人間19号

東アジアの歴史にゆっくり戻るよ!

ブログパーツ