東アジアの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
日本★朝鮮(韓国)★北朝鮮中国モンゴル台湾
世界の芸術東アジアの芸術
世界の事故・犯罪・テロ東アジアの事故・犯罪
世界の政治・政策●東アジアの政治
経済の歴史東アジア経済 ●東アジアの技術●技術開発の歴史
●●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史
世界共通項目 隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
東アジアの歴史・現代ニュース【110》
中国「道路を跨ぐ、巨大なバスを作って輸送チートする!」

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
セウォル号事件
(遺族関連で何年も続くネタ) +家の中のセウォル号事件1500人死傷 (被害者200万人?)
★項目別 
世界の事故・犯罪・テロ東アジアの事故・犯罪 世界の政治・政策●東アジアの政治
中国「道路を跨ぐ、巨大なバスを作って輸送チートする!」
2016
8/7


(´・ω・ `) 解説(-ω-)   




中国(´・ω・ `)渋滞を解消できる、巨大バスを作ったぞー!
地下鉄の5分の1のコストで建設できるんだ!




(-ω-)  (-ω-)な、なんだってー!?




中国(´・ω・ `)


(´・ω・ `) ソース (´・ω・ `)

1台で300人を輸送
 報道によると、TEB-1は1両のみの編成で、全長22メートル、全幅7.8メートル、車高4.8メートル。上部の車内には300人の乗客を収容できるという。

 下半分はトンネル状になっているため、前方の道路が渋滞していても、TEBは止まらずに運行できる。逆に、利用客の乗降時にTEBが停車しているとき、後続の乗用車は車線を変更することなく車体の下を通り抜けられる。

 TEB-1の試験運行は、河北省秦皇島市で実施された。今回は300メートルの直線道路に設置された軌道の上を走行。なお、現在の車両でカーブを曲がれるかどうかは不明だという。

渋滞を30%緩和、建設費は地下鉄の5分の1
 TEBテクノロジー社でチーフエンジニアを務める宋有洲(ソン・ヨウジョウ)氏は、「TEBは交通渋滞を30%緩和できるうえに、建設費も地下鉄を新設する費用の約5分の1で済む」と主張している。

 

  
●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生っー!
要するにこれって……



(´・ω・`)ただの巨大な路面電車じゃな……以前もニュースになっていたけど、どうやら小型化してスケールダウンしたっぽいのう。




●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー! ?
路面電車って、渋滞の元凶にされて退場した代物じゃないですかー!?



(´・ω・`)……中国の運転手が、路面電車が通る場所を、走行したら渋滞になって……これも廃止じゃろうなぁ。




●(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

9 件のコメント :

  1. すぐに悲惨な事故が起こりそう…(´・ω・`;)

    返信削除
  2. >現在の車両でカーブを曲がれるかどうかは不明だという
    いや知ってたけどさwこれ車両に合わせて道路を変えるっていう本末転倒になってないか?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)し、試験運行中だから、これで成果が出なければ損切りできるし……!

      削除
    2. ・下の車両が曲がろうと思ってもバスが邪魔で曲がれない
      (車線変更ができない)
      ・大型車両はまず通れない

      この辺の対策って考えてあるのだろうか?

      削除
  3. てっきりネタだと思ってたわw

    返信削除
  4. たぶん埋める能力はあるんだろうな

    返信削除
  5. この巨大なバスを動かす動力はどうするの
    そして燃料や整備費は運送代でペイできるの・・・

    返信削除
    返信
    1. 総重量どのくらいになるんだろうな。
      メンテナンス性も追求するととんでもない開発能力が必要になりそうな……。

      削除
  6. 困ったら埋めて証拠隠滅

東アジアの歴史にゆっくり戻るよ!

ブログパーツ