ゆっくり戻るよ!
日本の歴史 平安時代【1】
弁慶って1000本の刀を集めるために、999人斬り殺したクズじゃね。

カウンター日別表示

弁慶参上

      /二二ヽ
      ((´∀`)ヽ
      /y∧彡∧|
<二派━━ら)/ ・ ヾ
     `イ/  ヽ_)
     〈イ   ( )
     |ヽ  ヽ)(
     /    | ))
     | / rイ |彡
     |/_|にノ\
 ╋┓¨ |レ-、||ヽ |
 ┃┃  \ノ||く /
╋┓    / /L_>||
┃┃   / / , ||
  ||┃ / /  ; ||
   ┛〈_丿   〈_ノ,;
   、 、;; 、.; ;,";"
  __\;==/三/,三
三三三三三三三三三三三

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
弁慶って1000本の刀を集めるために、999人斬り殺したクズじゃね。  2014/1/25

(´・ω・`)弁慶。
それは一般的には、他人から999本の刀を奪い、1000本目の刀目的に源義経を襲って返り討ちにあい、義経の人生最後まで仕えた家臣として有名な人物。
(´・ω・`)弁慶の英雄ネタそのものが作り話だろうけど、『義経記』を元にするとこんな感じになるっぽい。

弁慶「夜に人間さんを襲って斬り殺したら、刀が999本も集まったよ!
隠れ潜んで1000本目の刀を持つ人間さんを斬り殺して強奪するよ!
強盗殺人でごめんねぇ!」

牛若丸(源義経)「五条の天神へと向かうよ!
黄金の刀を持っているよ!」


弁慶「ゆわあああああああ!!!!!!
凄い良い刀だよおおお!!
あのクソガキを斬り殺して奪うしかないねぇぇぇぇぇぇ!!!
攻撃を全部回避されちゃったよ。
次も待ち伏せするよ!」


その後、二人の出会いは二日間に渡って続き、弁慶が清水寺で敗北して、義経の家来になったそうな。

(´・ω・`)冷静に考えたら、弁慶は夜に辻切りする強盗殺人犯だと思うんだ。うん。

(´・ω・`)999人も斬るのは困難だと思うから、間違いなく創作に違いない(キリッ


あとコメント欄で
●初期の江戸時代でも斬り捨て御免っー!って武士が惨殺していた時代だから、平安時代の夜の連続強盗殺人は特に問題ない気がする。
●上記の戦闘民族な状況を改善した徳川綱吉はまじ名君
●中期の江戸時代だと斬り捨て御免!をやると、お家断絶のピンチだから、それ相応の理由がいる。


匿名2014年2月7日 21:31

「勧進帳」は歌舞伎の演目で、頼朝と敵対した義経が奥州平泉まで落ち延びる時の話だよ!
勧進帳は寺や仏像などを修復・造営するために寄付を募る書類のこと!
お話を簡単にまとめると

義経一行「兄に追っ手をかけられたから、山伏の格好をして奥州まで逃げるよ!」
関守「本物の山伏なら勧進帳を持ってるはず! 身分証明のためにゆっくり読んでいってね!」
弁慶「たまたま持ってた巻物を勧進帳に見せかけて読み上げるよ!」
関守「ゆゆゆゆゆっ! それでも怪しいねえっ! ひょっとしてそこの男は義経なんじゃないの!?」
弁慶「おまえが義経に似てるから疑われるんだよ! 杖でぶつよ! たくさんでいいね!」
義経「ゆぎゃあああああああ!! 他人の空似なのに酷いいいいい!!」
関守「そこまでするんなら本物なはずはないね! 通っていいよ!」

でも本当は関守は義経に気づいていたけど、主君を思う弁慶の気持ちに打たれて見逃し、
義経一行はそれに感謝する、って話だよ!

いい話なんだけど、弁慶が仮にも主君を遠慮なくぶったたけたのは
初対面の時の恨みを覚えてたからなんじゃね?ってことなんだ!

とは言え弁慶は最終的には義経を庇って死んだと言われてるから、
もしそうだとしてもどこかで折り合いはつけてたんだろうね!


(´・ω・`)なんて懐かしい話なんだろう。
こんなに忠義に熱い男だったから
(´・ω・`)創作の世界で義経が美少女にされて、弁慶とアッー!な関係になる事も仕方なかったんだよ。

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

15 件のコメント:

  1. 聖賢者チルノ2014年2月7日 16:37

    (´・ω・`)“壊刃”サブラクは沢山剣を持っているけど、殆どは依頼主から報酬として受け取ったか自分で店に行って購入したものなんだ。

    返信削除
  2. 弁慶はこの時のことを忘れず、「勧進帳」で義経をぶちのめして合法的に恨みを晴らしているよ!

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)内容は知らないけど、逆恨みだと思うの。

      削除
    2. 「勧進帳」は歌舞伎の演目で、頼朝と敵対した義経が奥州平泉まで落ち延びる時の話だよ!
      勧進帳は寺や仏像などを修復・造営するために寄付を募る書類のこと!
      お話を簡単にまとめると

      義経一行「兄に追っ手をかけられたから、山伏の格好をして奥州まで逃げるよ!」
      関守「本物の山伏なら勧進帳を持ってるはず! 身分証明のためにゆっくり読んでいってね!」
      弁慶「たまたま持ってた巻物を勧進帳に見せかけて読み上げるよ!」
      関守「ゆゆゆゆゆっ! それでも怪しいねえっ! ひょっとしてそこの男は義経なんじゃないの!?」
      弁慶「おまえが義経に似てるから疑われるんだよ! 杖でぶつよ! たくさんでいいね!」
      義経「ゆぎゃあああああああ!! 他人の空似なのに酷いいいいい!!」
      関守「そこまでするんなら本物なはずはないね! 通っていいよ!」

      でも本当は関守は義経に気づいていたけど、主君を思う弁慶の気持ちに打たれて見逃し、
      義経一行はそれに感謝する、って話だよ!

      いい話なんだけど、弁慶が仮にも主君を遠慮なくぶったたけたのは
      初対面の時の恨みを覚えてたからなんじゃね?ってことなんだ!

      とは言え弁慶は最終的には義経を庇って死んだと言われてるから、
      もしそうだとしてもどこかで折り合いはつけてたんだろうね!

      削除
    3. (´・ω・`)なんて懐かしい内容。
      管理人も同じ内容見た事あるわ。

      削除
  3. 江戸時代、武士達は商人に難癖をつけては「切捨御免」と斬殺していたんだ。
    平安末期もヒャッハー度は対して変わらないだろうから、夜に辻切りする強盗殺人犯人って
    あの時代においては大したことじゃ無いよ。多分(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. >江戸時代、武士達は商人に難癖をつけては「切捨御免」と斬殺していたんだ。

      (´・ω・`)なにその江戸時代、こわい

      削除
    2. 初期の江戸時代だね
      水戸黄門もやってたし、身分の高い武士は大抵一度はやったとかいうほど流行ってた。
      一応幕府も禁止したんだけど、将軍も斬ってたとかいう噂が立つレベルのザル法で、
      例の生類憐みの令で鳥獣の殺害諸共禁止するまで流行が下火にならなかったそうな。

      削除
    3. 忘れがちだけど江戸幕府はまごうことなき軍事政権だからね!
      蛮性が残ってるのはある意味当然!
      綱吉さんはそういう風潮を断ち切ったという意味で偉いね!
      ボロクソに言われてるのは、それまでの慣習を受け継いでた人達からの評価だからだよ!

      削除
    4. (´・ω・`)最近は再評価されて、徳川綱吉は良い評価らしいね。

      (´・ω・`)小さい頃の綱吉のイメージ = キチガイすぎる法律作った暗君。犬にゴハンをあげてね!人間以上の量でいいよ!

      削除
    5.  江戸時代も中期以降になると切り捨て御免のあり方が全然違ってくると聞きました。

       切り捨てる。→切り捨てなきゃいけないほどの無礼を働かれた。武士としての貫目が足りない。→切腹&お家断絶(幕府や藩にしてみれば一種のリストラ解雇)

       こんなんだから町人のチンピラに「その腰の物、どーせ抜けねーんだろー! おらおら抜いたら家がつぶれるぞー!」といじめられても、目をそらしてそそくさと逃げる武士とかがいたようです。

      削除
    6. 江戸時代、藤岡屋日記とかだと結構武士は町人を無礼打ちしてるよ、ただ奉行所で取り調べられて、町人が無礼を働いたと周囲の証言があると無礼打ちと認められて釈放、とか。

      削除
  4. いわゆる弁慶の七つ道具の中身を見てみると、
    鉄熊手、突棒、袖搦、刺又の捕縛用武器と
    ハンマー、ノコギリ、オノのあんまり考えたくない用途の武器に分かれてる
    連続強盗猟奇殺人犯だよね!

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)普通に大工さんになれるね。
      工兵として運用できそうだ。

      削除
  5. べ、弁慶さんはそんなヒドい事しないし!
    弁慶さんの時代に五条大橋無いからヒャクパー創作だし!
    勧進帳の時だって、無礼討ち覚悟で涙流しながら敢えて敬愛する主君の背を打つ忠臣だし!

    戦のタブーだったのに船頭射殺したり、
    ちょっとおだてられただけで朝廷からほいほい位階貰っちゃうような義経くんとは違うんです

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ