戻る(・ω・`)


イタリアの歴史  管理人の文章【1】
第二次世界大戦のイタリアは、対外戦争やっている場合じゃないから超弱い


             ,/::::::::::::::::;:::::.::::::::::::::::::::::::::::::\
            ,イ:::::::::;::::;/;::::ハ:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           〃:::::::::::;^`,勿i:::::::!:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::ヾ:::::ゝ 
         //::::::::::::ノ^`''"^|::::::iヘ:::::::}::::::::::::::、::::::::::ヘヽ::`、   ,―、.
      _,、≦イ::::::::::::::!!|   }:::::::| ゛:::::::i::::::::::::::l::::::::::::::ヽ::::::l   し  }}
      ̄゜` //::::::::::::::::::i   〃::::|_、ヽ:::Α::::::::::::l::::l::::::::::,へ.i!、    ||
        / i::::::::::::::::::N   ノ| l /  i ノ_ヽ;:::::::::l::::l::::\l ゛、    ノ'
       i  {::;:::::::::::::::::|_― ´||/  ィ%"rOミヾ、:::ハ:/l;;lヽNわ-⊥__,/´
       |  |::::::::::::,/|゙  ` イ   ゙゚ l;:鸞;} l:::|ヽ| l:| ルl  |
       ` l::::l:::::::::::::::|    /      `ー"  i}i ヾ/ス 'К /
         l::::ハ:::::::::::::| ,.z≡_     ‖/"ヾ |   .i!.`´/
         | / !ハ::::::::::::ヘ "="  ノ        '   |ヘイ,|、
         |"  l V::::;;:::ハ ,,、、  ゝ _.. ‐`、     /_⊇" L、
         リ  ∧ \\∧.//   `    ! ┌´ ̄ ̄   /"
            \ \ヾヘ          「ヾ     /
                  ゙ヽ.,       」λ、    /
                    />  ,__ ‐ ´ | |\  /
                   Γ_\  \ヽ ±/ ∨
                   |Γ\__ λ)/
                  | |  ノ
                  L/゜
前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
第二次世界大戦のイタリアは、対外戦争やっている場合じゃないから超弱い 2013年11月15日


(´・ω・`)第二次世界大戦でドイツがソ連に敗北したのは、ドイツの足を引っ張ったイタリアのせいだけど、イタリア軍が世界中に無能をさらけ出して大敗北したのは、独裁者のムッソリーニのせいなんだ。
軍事の専門家の言う事悉く無視して命令し、碌な計画をたてる事も出来ずに戦争しているせいで、

●ドイツの侵攻で敗戦確定状態のフランス
●世界最弱とか言われて笑われている小国ギリシャ

にすら敗北し、独裁による専制制度のデメリットを発揮しすぎた結果がこの↓の有様だよ。



●第二次世界大戦時のイタリアは大国だったけど、石油の備蓄も少なくて、戦争をするための物資が少ない無理ゲー状態
国内が纏まってないから、対外戦争なんてやっている場合じゃない。内政に集中しろって言うレベル。
首相ムッソリーニ「地中海にローマ帝国を再建するよ!
戦略目標がいい加減でごめんねぇ!」


●【1940年】ドイツが電撃作戦でフランスを制圧して勝利をおさめようとしていた。これを好機と見てイタリアの首相ムッソリーニの判断で、イタリアは碌に戦争の準備とか、物資がないのに第二次世界大戦に参戦。
首相ムッソリーニ「物資がなくて参戦する気がなかったけど、勝ち戦だと判断したから参戦したよ(キリッ」

●でも、軍事専門家でもない独裁者が、軍事専門家達の言葉を全部拒否って開始した戦争だから、碌に進軍するための計画が練れずに、イタリア軍を出撃させて末期的。
うわ、戦争開始序盤から酷い。

●当然、敗戦決定状態のフランス相手にイタリア軍は返り討ちにあい、逆侵攻されそうになった。

●今度は親英のギリシャに侵攻し、イタリア本土を事前に守ろうと行動した。
この時、既にアフリカでイギリス主体の連合軍と戦闘している状況だったから、軍事専門家達に戦局拡大は避けるべきだと言われたけどムッソリーニが拒否ってギリシャに出兵
首相ムッソリーニ「イタリアの安全保障のために、先手を打ってギリシャを侵略するよ(キリッ
世界最弱の軍隊を虐殺してあげるよ!」


イギリスから世界最弱認定されているギリシャに侵攻した結果、小国ギリシャ相手にイタリア軍が大敗した。
アフリカ戦線からの援軍要請を無視して、イタリアはさらなる大軍を投入して敗北し、ドイツ軍の足を盛大に引っ張る事になる。
首相ムッソリーニ「ドイツざんっ!だずげでええええ!!!!戦争に弱すぎて死ぬううううう!!!!
世界最弱相手に負ける軍勢だと、いまさらながらに気付いたああああああ!!!!
こいつら、国家への帰属意識ざんがほとんどないいいい!!!士気が最低状態だよおおおっ!!!」


●イタリアのせいで、ドイツはソ連に攻め込むバルバロッサ作戦の発動を延期し、ドイツ軍300万人は冬将軍の餌食になって、ソ連に敗北した。
ドイツの首都ベルリンにまで攻め込まれて、女性達はソ連軍人にレイプされまくって病気になり、ドイツは東西に真っ二つにされる分割統治を迎えてBAD END
ソ連軍人「「「女性へのレイプはご褒美です(キリッ」」」

あとを纏めると
●ドイツよりも先にイタリアが降伏し、共和制の国になった。
●ムッソリーニが軍事専門家の言葉を無視して、ドイツの救援要請に応えて、ただでさえ少ないイタリア兵をロシア戦線に投入しすぎてソ連軍にボコボコにされる。
●ムッソリーニが軍事専門家の言葉を無視して、エジプトに侵攻し、イタリアは歩兵だらけで機動力がないから、機動力のある少数のイギリス軍に包囲殲滅され、捕虜にされた。
●気づいたら、ドイツが救援要請出したはずなのに、イタリアから救援要請が来ている。
●クーデターが起きて、ムッソリーニが失脚し、後にドイツのナチスに救出されて傀儡政権を作らされたけど、レジスタンスに捕縛されて銃殺され、愛人と一緒に逆さ釣りにされて晒されて人生終了。
イタリア人「「「「糞無能のムッソリーノはゆっくりせずに死んでね!すぐでいいよ!」」」」
ムッソリーニ61歳「ゆんやっー!」



(´・ω・`)独裁者が戦略眼ないから無能すぎたんだ。
軍事専門家の言う事に耳を傾けずに拒否して、戦線を拡大し、ただでさえ少ない戦力をロシア戦線に送りすぎたり、
事前に勝算がほぼゼロとわかる戦場でも、ムッソリーニが勝てると思い込んで戦いをやらせて、大敗北して悲惨だよ。
(´・ω・`)そもそも国内問題が多すぎて纏まってない時点で、対外戦争出来る状況じゃないのに第二次世界大戦にわざわざ参戦しちゃっているんだよ。


(´・ω・`)ムッソリーニのせいでイタリア軍は世界一の腰ぬけ評価な有様だよ!

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 




戻る(・ω・`)

9 件のコメント:

  1. ノリで参戦しちゃったから戦線布告時に船舶がまだ外国に停泊したままだったという……

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)好機だと思ったら、ただの死亡フラグだった有様だよ。
      中立のままだったら、共産主義への防波堤として生存していたかもしれないね。
      健康マニアでしたし。

      削除
  2. そもそもムッソリーニは第一次世界大戦を見て泥沼戦が展開されると思ってたみたい。
    そのつもりで内政してたらドイツが電撃戦で超優勢だったから、
    準備不足でも参戦しないと不利益になると焦ってたのかも。

    返信削除
    返信
    1. 好機だと思ったら死亡フラグだった><

      削除
    2. ムッツリーニーは好機だと思ってエロゲー展開に走ったらパルメった。

      削除
  3. 戦争計画を宣戦布告後に作り始めたんだからどうしようもない

    返信削除
  4. でも、敗戦したけど上手く立ち回って日本とドイツから賠償金をもらってたりする。

    返信削除
  5. 日本が負けたのもドイツのせいが割りとあるから(独は中国に武器支援してたetc.)
    元から組んじゃいけない3国だったんだよ

    返信削除
  6. 一番手を組むべきはアメリカorイギリスって辺りがどうしようもない

 


ブログパーツ
カウンター日別表示