ゆっくり戻るよ! ブログ欄(事件・戦争・経済別)に移動するよ。 
戦争・歴史 経済 ウクライナ動乱 
ウクライナの歴史(+現代)  管理人の文章【8】
飛行機事故・事件、短期間で多すぎ。ウクライナ、台湾、アルジェリア 

カウンター日別表示

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
飛行機事故・事件、短期間で多すぎ。ウクライナ、台湾、アルジェリア 2014/7/25

事件別 戦争・歴史 ウクライナ動乱
(´・ω・`)最近の流行といえば、飛行機の事故と撃墜とテロ。
はっきり末期的な流行だと分かんだね。
世界の空が可笑しいわ!
●マレーシアの航空機が行方不明になる。

●マレーシアの航空機が、ウクライナの親ロシア派に軍用機だと勘違いされて撃墜される。
親ロシア派(´・ω・`) 飛行機を解体して回収して証拠隠滅したから、遺体や飛行機を調べても良いよ。
それに、この飛行機はウクライナ軍が撃墜したから、俺達のせいじゃない(棒読み
証拠隠滅したから、現場を調査しても証拠は出てこないよ?(ゲス顔

世界(´・ω・`) (´・ω・`) (´・ω・`) ふざけんな!

●台湾で着陸に失敗して飛行機が爆発炎上。乗客のほとんどが死ぬ。

●116人搭乗していたアルジェリア機が墜落

●短期間で連続3回も墜落事故・事件

(´・ω・`)偶然だろうけど、短期間で重大な事故が世界中で発生しすぎると、人間さんは不安になる生き物だから、事故発生を防止してくれてもええんじゃよ。


(´・ω・`)こんだけ事故が多発するのは、たぶん、管理人の想像だけど、低コスト競争のために、安全度外視になってるんだわ。
撃墜されたマレーシア航空機とか、普通に紛争地帯の空を避けずに飛んでたし、安全度外視で最短距離を通る事で、時間と燃料の二つを節約しようと頑張った努力の結果な気がするんだ・・・

ソースの一部
フランス公共ラジオによると、北アフリカ・アルジェリアのアルジェリア航空は24 日、西アフリカ・ブルキナファソの首都ワガドゥグからアルジェに向かっていた同航空機 が消息を絶ったことを明らかにした。

ロイター通信によると、
 消息を絶ったのはエアバスA320で、
 乗客110人と乗員6人の計116人が搭乗。
 ワガドゥグの空港を離陸してから約50分後に連絡が途絶えたとい う。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140724/mds14072418400008-n1.htm

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

17 件のコメント:

  1. いや、まあ高々紛争やってる程度の連中が対空兵器持ち出すなんて誰も考えもしなかったと思うよ。
    それも高高度を飛行するジェット機をうち落とせる奴なんてあーた、RPG-7なんてオモチャでは無いぜよ。
    まさか高々紛争にそんな金出す奴が居たとは思わなんだろ。しかもそんなお高いモノをよく確認もせずにぶっ放すなんて・・・・。

    まあ飛行機関連は全般に低コスト競争で危険化しつつある傾向なのはあってると思いますが。

    返信削除
    返信
    1. >さか高々紛争にそんな金出す奴が居たとは思わなんだろ。

      (´・ω・`)ロシアさんが本気を出して、高い兵器を親ロシア派にプレゼントしちゃった結果がこれだよ!
      ロシアさんのウクライナへの本気度がわかるわ。

      削除
    2. ブークちゃんがゲリラごときに操れるわけがないんだよ。ニュースの受け売りだけど、ロシアの情報将校がゲリラの指導を行ってることは現時点で既に確認されてるみたいだから、相当数のロシア兵が指導してるのは間違いないんだよ。

      削除
    3. 一万から一万五千メートル上空を飛ぶ物体にとどく誘導式ミサイルなんて、紛争で使うには金かかりすぎだよな。
      紛争地帯の上空を……とかいいますが、上記を考えただけで、まず陸からの攻撃はないと思ってもハズレじゃない。
      むしろ、そんな一機の飛行機墜とすのに、何千億もする兵器を兵器操作官ごとプレゼントするロシアがマジキチ。
      まあ、その兵器転売すれば、ゲリラごとき100年は活動できる物資になるので、転売されんように武官派遣セットなんだろうけどさ。

      削除
    4. 残念だけどブークが使われたことはほぼ確定ですよ。アメリカの哨戒機だか衛星だかからブークの発射と着弾が確認されてるみたいだから。今回の旅客機以外にも落とされた飛行機もあって、そっちの方もブークからの発射および着弾が確認されてるからね。
      さらに言うと、爆撃機と誤認しての発射及び撃墜だろうし、もしも爆撃機であったときに、爆撃されたときの人的、金銭的損害から考えると、ミサイル一発分より多くなる事は侭あるからね。

      削除
  2. 低コスト化だけでここまで飛行機事故が多発するようになるとは思えんな
    (少なくともつい先日の台湾の飛行機事故は気象を甘く見た航空会社と管制塔の責任、台風のパワー舐めてんの?)

    まぁ、少なくともウクライナ・イラク・日本周辺のアジア各国でいつ爆発して大規模な戦争になってもおかしくない事態なのは確か

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)台湾の小さな島での着陸失敗事故って、台風の日にやったのか。
      ここで言われて初めて知った。
      防げたタイプの事故だったんだね。

      削除
  3. 今年は厄年だわ!

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)セウォル号のたたりじゃー

      削除
  4. 韓国製、中国製どの部品が原因だろう?

    返信削除
    返信
    1. 部品というよりケンチャナヨ精神のせいだな
      どこの国どの現場でもこの精神が発揮されると事故になる

      削除
    2. はやぶさの凄さを再確認

      削除
    3. いくら韓国、中国が嫌なやつでも関係無い事で韓国の事を悪く言うのは全然ゆっくりできないよ

      削除
  5. ウクライナの飛行機撃墜事件は、ロシア側の犯行でほぼ確定してるけど、ロシアだけが一概に悪いとも言えないんだよ(´・ω・`)
    ウクライナは連日のように、親ロシア側の勢力がいる地域、つまりウクライナから見れば自国の領土なのにも関わらず、ずっと爆撃し続けてたんだ。そしてロシア側勢力は爆撃機や戦闘機を既に何機か撃墜していた時期に、いつぞやかの旅客機失踪事件によって経営が少し苦しくなっていたマレーシア航空は、燃料費節約のためにウクライナ上空を飛んだんだけど、離陸からそれなりに時間がたっていて、高高度を飛んでいたから、地上からは民間機とは認識できず、しかしロシア側勢力としては爆撃は防がねばならず、まさか紛争地域に旅客機が飛んでいるはずもないと思ったからこその撃墜だと思うよ。事実、旅客機撃墜事件以降もジェット機が数機落とされている。どっちが悪いかなんてはっきり言えないけれど、紛争地域上空を飛んだ事は間違いなく失敗だった。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)紛争というか、ガチなハイテク兵器で戦争している場所に、ウクライナ航空が入ってしまった形になるんだね。
      なんというタイミングの悪さと、安全管理のなさ。

      欧米(´・ω・`)とりあえず、ロシアを叩ける材料が手に入ったし、有効活用して叩いておくお。

      削除
    2. 事故以前はマレーシア航空の飛行機以外も割と通ってたみたいだよ

      削除
  6. >むしろ、そんな一機の飛行機墜とすのに、何千億もする兵器を兵器操作官ごとプレゼントするロシアがマジキチ。
    何千億ってどこの通貨だよww
    最新の地対空ミサイルの正式ライセンス品でも数億円、先進国の型落ち品、寿命切れ近い在庫一掃セール的のならもっと安い。

ゆっくり戻るよ! ブログ欄に移動するよ。 
ブログパーツ