フランスの歴史にゆっくり戻るよ! 歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
フランス軍隊・兵器  犯罪・事故・テロ イスラム過激派による風刺週刊紙「シャルリエブド」本社襲撃事件 イスラム国 
フランスの歴史・戦争 ナポレオン
世界共通項目 隊・兵器の歴史世界の歴史人物技術開発の歴史
フランスの歴史【20】
ジャン・ランヌ元帥「銀河英雄伝説のキルヒアイスの元ネタが俺な件、ナポレオン皇帝ととっても親しかったんだぜ?」

カウンター日別表示 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
項目別  フランスの歴史・戦争 ナポレオン 世界の歴史人物(18世紀) 
ジャン・ランヌ元帥「銀河英雄伝説のキルヒアイスの元ネタが俺な件、ナポレオン皇帝ととっても親しかったんだぜ?」 2015/4/3
ナポレオン(´・ω・`)生きてくれ、頼むから生きてくれ!

ジャン・ランヌ(´・ω・`)神の名において申し上げますが、陛下、フランスのために、平和を築いて下さい。私は死にます!

ナポレオン(´・ω・`)うわああああああああああああ!!!!

ユリアン(´・ω・`)キルヒアイスにも元ネタが居たんですね。

ヤン(´・ω・`)でも、君呼ばわりだと物語的には微妙だね。ユリアン。
これは小説に出す場合、改変するしかないよ。


銀河英雄伝説のキャラ☝

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャン・ランヌ#.E4.BA.BA.E7.89.A9.E5.83.8F

スペイン、そして

1808年、ランヌは膠着しつつあったスペイン戦線を任される事となる。序盤で重傷を負ったものの、まずスペインの野戦軍を撃破、次いで苦心の末にサラゴサを攻略する。この戦線の悲惨さに心を痛めたランヌは次第に戦争を疎むようになったという。サラゴサ攻略後、スーシェに後を託すと、翌年にはオーストリア遠征に参加、レーゲンスブルク攻略戦ではあまりの苦戦に怯えた部下を叱咤し「私は元帥である以前に擲弾兵である」と叫ぶや自ら梯子を掴んで城壁によじ登ろうとして見せ(これはさすがに部下達に制止された)、奮い立った将兵達と共にこの堅塁を陥落させた。その後5月22日、アスペルン・エスリンクの戦いで優勢なオーストリア軍と交戦、敵弾を物ともせず陣頭指揮を執っている最中に足に砲弾を受けて倒れる。右足切断の緊急手術を受けた後直ちに後送され、一時は小康状態になったものの傷口が化膿して容態が悪化、31日に死んだ。ナポレオンは倒れたランヌに取りすがって涙を流して嘆き悲しんだという。ランヌは戦死した最初の帝国元帥となった。



人物像

ナポレオンの元帥達の中で最も皇帝に信頼され、個人的な友情を得ていた。皇帝即位後もランヌはナポレオンを「君」と呼び、ナポレオンもそれを喜んで認めていた。ナポレオンは後にこう回想している。「ランヌという男は、最初は精神よりもまず勇気が勝っていた。 しかし精神のほうも日々高まっていき、ついにはバランスが取れるようになった。私はちっぽけな人物だった彼を登用したが、失った時には偉大な人物となっていた」。また、ランヌが致命傷を負った際、皇帝はランヌの血で自分の軍服を朱に染めつつその身体を抱きしめ、「生きてくれ、頼むから生きてくれ」と何度も繰り返したという。ナポレオンからこれほどの友誼を得ていた人物は、おそらく他にいなかったであろう。

指揮官としては人間離れした勇気と負傷をものともしない不屈の闘志が身上だったが、単なる猛将ではなく、ナポレオンが述懐したように経験を積むごとに戦術に熟達していった。前衛を率いての攻勢を得意とするだけでなく、多数の敵を引き受けての粘り強い防御も巧みにこなし、特に歩兵・騎兵・砲兵を連携させた指揮振りは他の追随を許さないものがあった。ナポレオンの指示を独自に解釈して行動することができる数少ない元帥の一人でもあった。

際だった美男子ではなかったが身なりには気を使っており、「指揮官は、兵士の目には結婚式の夜の花婿のように映らねばならない」[2]をモットーとして戦場でも華麗な軍装を身に纏って将兵を鼓舞した。短気で激情家ではあったが、常に先陣を切って戦場を駆ける彼の姿は一種信仰的な支持を集めており、将兵には絶大な人気があった。非常に誇り高く名誉を重んじる人となりだったことから、同僚の中では特にミュラとその親友ベシェールと仲が悪く、スールトやベルナドットとも険悪だった。親しい友人はナポレオンの他にはドゼー、ネイ、スーシェなどだったという。

彼が死んだ時、ナポレオンは次のように嘆いたという。 「フランスにとっても、私にとっても、これほどの損失があるだろうか!」 

モフモフ帝国で狐耳の姫巫女やってますで使う予定の人物。

(´・ω・`)想像してみた。

ジャン・ランヌ(´・ω・`)やぁ!ナポレオン君!
市場で面白いものを見つけたぞ!
音が鳴る不思議な機械ラジオだ!

ナポレオン(´・ω・`)科学の力しゅごい。


ジャン・ランヌ(´・ω・`)戦争の時に、運搬に便利そうな携帯食料もあったぞ!
カップラーメン!軽くて保存性が聞いて、お湯を注いで3分で美味しいラーメンを食べられる!

ナポレオン(´・ω・`)缶詰を開発中なのに、インスタントフードが既に世に登場しているとな!?

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

7 件のコメント:

  1. ジャン・ランヌ(´・ω・`)神の名において申し上げますが、陛下、フランスのために、平和を築いて下さい。私は死にます!

    キルヒアイス(´・ω・`)その手で宇宙を掴んでください・・・・ガクリ

    返信削除
  2. 勿論パルメさんの元ネタは、不屈の政治家オロフパルメですね?

    返信削除
    返信
    1. オロフ·パルメの生い立ち。

      オロフはストックホルムで1927年に誕生した、オロフはちょっとした上流階級の家族を育った。 父親は、喘息発作で1934年に死亡し、その後、オロフ7歳だった。 彼の母親はラトビアから来て、彼女は貴族の誕生であった、彼女は1915年にラトビア、スウェーデンに逃れた。彼はとりわけ、彼が持っていた、小さい頃オロフは頻繁に病気だった 結核とは、湿疹がたくさんあった。 そのため、家族inskaffade彼はフランス語を話し、誰と乳母、、と母は喜んでドイツの家を話していた。 では、なぜオロフ3言語は、3aRSの年齢ですでにだった。 でも、10歳のようにシグチューナオロフのヒューマニストに送られた、年齢の17歳で、彼はそこに学生を取った。 オロフは、彼がそれ以上の年齢の仲間にいじめと題したと述べている。 しかし、研究は非常によく、これにもかかわらず進行し、1​​944年に彼は、学生を取った。 彼はスウェーデンの毎日の仕事を得たとスポーツについて書き始めた、少し評価の平均出かけた。
      1947パルメはウメオでのK4の士官候補生学校で3位に出て行った。 この後、オロフのためにアメリカへと渡るオハイオ州のケニヨン·カレッジで勉強する。 彼はまた、アメリカのファーストボールチームでプレー、大学でトップの成績をあげました。
      http://skolarbete.nu/ja/skolarbeten/olof-palme/

      (´・ω・`)見た事も聞いた事もない。

      削除
    2. 最期が他殺で迷宮入りで不気味なんだが…

      削除
    3. そうか、解ったぞ。
      パルメさんの名前がハンドルネームやニックネームだと勘違いしていた…つまり、本名!!

      削除
  3. GBAの「ナポレオン」のおかげで関西弁しゃべる指揮官というイメージしか無かったがすごい人だったのね

 
フランスの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ