フランスの歴史にゆっくり戻るよ! 歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
フランス軍隊・兵器  犯罪・事故・テロ イスラム過激派による風刺週刊紙「シャルリエブド」本社襲撃事件 イスラム国 
フランスの歴史・戦争 ナポレオン
世界共通項目 隊・兵器の歴史世界の歴史人物
フランスの歴史【12】
ナポレオン皇帝の終盤の人生が悲惨な件

カウンター日別表示 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
項目別  フランスの歴史・戦争 ナポレオン 世界の歴史人物
ナポレオン皇帝の終盤の人生が悲惨な件 2015/3/23


ナポレオン(´・ω・`)戦争で負けて全て失ってもうた。
絶海の孤島に島流しにされた。

島の総督(´・ω・`)ばーかーばーかー。
ポナパルト将軍に腐ったブドウ酒を持ってきたぞー

ナポレオン(´・ω・`)悔しいっ・・・!びくんびくんっ・・・!
皇帝まで上り詰めた世がこんな扱いを受けるとはっ・・・!

ストレスで早死に。


ユリアン(´・ω・`)提督、ナポレオン皇帝の人生を最初から最後まで一通り調べてみたんですが、最後がクソゲーです。
ヨーロッパのほとんどを影響下に置いた覇者が、馬鹿にされながらくたばってます。


ヤン(´・ω・`)まりゃ負けたからね。
銀河英雄伝説のラインハルト皇帝は勝利したからこそ栄光をその手にしたけど、普通、敗者の扱いは悪くて当たり前なのさ。
それに可哀想なのは……ナポレオンと一緒にあちこち戦争して戦死した80万人近いフランス軍人も可哀想だろう?

銀河英雄伝説のキャラ☝

〜終盤のナポレオン〜

百日天下とその後

ナポレオン失脚後、ウィーン会議が開かれて欧州をどのようにするかが話し合われていたが、「会議は踊る、されど進まず」の言葉が示すように各国の利害が絡んで会議は遅々として進まなかった。さらに、フランス王に即位したルイ18世の政治が民衆の不満を買っていた。

1815年、ナポレオンはエルバ島を脱出し、パリに戻って復位を成し遂げる。ナポレオンは自由主義的な新憲法を発布し、自身に批判的な勢力との妥協を試みた。そして、連合国に講和を提案したが拒否され、結局戦争へと進んでいく。しかし、緒戦では勝利したもののイギリス・プロイセンの連合軍にワーテルローの戦いで完敗してナポレオンの復位(百日天下)は幕を閉じることとなる(実際は95日間)。

ナポレオンは再び退位に追い込まれ、アメリカへの亡命も考えたが港の封鎖により断念、最終的にイギリスの軍艦に投降した。彼の処遇をめぐってイギリス政府はウェリントン公の提案を採用し、ナポレオンを南大西洋の孤島セントヘレナ島に幽閉した。
 
 セントヘレナのナポレオン

ナポレオンはベルトラン(フランス語版)、モントロン、グールゴ(フランス語版)らごく少数の随行者と共に、島中央のロングウッドの屋敷で生活した。高温多湿な気候と劣悪な環境はナポレオンを苦しませたばかりか、その屋敷の周囲には多くの歩哨が立ち、自身の行動を監視、乗馬での散歩も制限されるなど、実質的な監禁生活であった。その中でもナポレオンは、随行者に口述筆記させた膨大な回想録を残した(ラス・カーズの『セント・ヘレナ覚書』など)[20]。これらは彼の人生のみならず彼の世界観・歴史観・人生観まで網羅したものであり「ナポレオン伝説」の形成に大きく寄与した。

ナポレオンは特に島の総督ハドソン・ローの無礼な振る舞いに苦しめられた。彼は誇り高いナポレオンを「ボナパルト将軍」と呼び、腐ったブドウ酒を振舞うなどナポレオンを徹底して愚弄した。また、ナポレオンの体調が悪化していたにもかかわらず主治医を本国に帰国させた。ナポレオンは彼を呪い、「将来、彼の子孫はローという苗字に赤面することになるだろう」と述べている。

そうした心労も重なってナポレオンの病状は進行し1821年に死去した。彼の遺体は遺言により解剖されて胃に潰瘍と癌が見つかり、死因としては公式には胃癌と発表されたが、ヒ素による暗殺の可能性も指摘された(彼の死因をめぐる論議については次節で述べる)。その遺骸は1840年にフランスに返還され、現在はパリのオテル・デ・ザンヴァリッド(廃兵院)に葬られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ ナポレオン・ボナパルト#.E9.80.B8.E8.A9.B1

モフモフ帝国で狐耳の姫巫女やってます(TS)

パルメの小説に出す予定のナポレオン
(´・ω・`)ロシアならぬソ連な国と戦争したら負けた。あいつらマジキチすぎる。
首都を占領したら放火するし、そこら中の人民を肉の盾にするし、キチガイー。


ユリアン(´・ω・`)という事で創作の中のナポレオン皇帝はロシア遠征の時に死んだ方が格好いいと思います!

ヤン(´・ω・`)なんでこんな子に育った。
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

10 件のコメント:

  1. (´・ω・`)ラインハルトも二十代で死なずにそのまま生きていれば、
    なんか悲惨なことになっていたかも…

    返信削除
    返信
    1. 絶対に暴君になってたわ。

      削除
    2. (´・ω・`)ラインハルトの元ネタがナポレオンだから・・・・うーん、わからんなぁ。

      ラインハルト(´・ω・`)☚万能すぎる天才。しかし性欲ほとんどなし。嫁1人

      ナポレオン皇帝(´・ω・`)万能すぎる天才、数十人の女性に手を出した。悪筆すぎて自分で書いた手紙が読めない。
      気に入らない本があったら投げて捨てる。色んな本を読みまくり、敗戦後も暇があれば本を読む。
      自分より有能な部下(タヴー)が居たら嫉妬する。
      ラインハルトと同じく分進進撃・兵力集中・各個撃破が得意

      削除
    3. 人生の終盤

      ラインハルト(´・ω・`)宇宙統一して病死

      ナポレオン皇帝(´・ω・`)敗北して絶海の孤島送り。
      息子のナポレオン2世は21歳で病死。

      (´・ω・`)

      削除
    4. 頂点までいったらあとは下がるのみだからね、どの程度かわからないけど衰退していくのはたしかだわな。

      削除
    5. 実在の偉人と、その人物を踏み台に作られたチート主人公を比較するのは、作者の妄想を浮き彫りにするだけだから止めてあげて〜

      削除
  2. ナポレオン帝国崩壊後
    マッセナがちゃっかりどっかの市長になってて草
    長谷川哲也の絵で想像してるからかな

    返信削除
  3. ここはもう光武帝のリア充成功者オーラで中和するしか!

    返信削除
  4. あれ、ナポレオンが砒素による中毒死ってのは公式じゃなかったのか…?
    調べてみたら、否定されてた。
    胃穿孔と胃癌は間違いなかったみたいね。

    返信削除
    返信
    1. フランス人(´・ω・`)た、大変だ!ナポレオン皇帝の死体を調べたらヒ素の反応が!

      フランス人(´・ω・`)よく考えたら、当時はヒ素を普通に使ってたから、ヒ素が検出されて当たり前だった。

    2.  

 

フランスの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ