フランスの歴史にゆっくり戻るよ! 歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
歴史・戦争 フランス軍隊・兵器  犯罪・事故・テロ イスラム過激派による風刺週刊紙「シャルリエブド」本社襲撃事件 イスラム国 
世界共通項目 隊・兵器の歴史
フランスの歴史【10】
小説書くためにナポレオン皇帝の生涯(1769年- 1821年)を簡単に纏めて見た 

カウンター日別表示 

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
項目別  歴史・戦争 ナポレオン
小説書くためにナポレオン皇帝の生涯(1769年- 1821年)を簡単に纏めて見た 2015/3/6

ユリアン(´・ω・`)提督、ナポレオン皇帝とは誰ですか?

ヤン(´・ω・`)ルドルフ大帝とラインハルトの元ネタになったキャラさ。
超絶スピード出世。ヨーロッパのほとんどを影響下におくナポレオン帝国とも言うべき大帝国を築き上げたチート偉人。
民主主義の政体が、専制主義を産んだなどなど、ネタが溢れているよ

ユリアン(´・ω・`)なら、かなり有能な人物なんですね。

銀河英雄伝説のキャラ☝

●フランス領のコルシカ島の貧乏貴族の家に産まれる(イタリア半島の近くにある島)
良い父親(´・ω・`)ナポレオン、フランス本土で学んでこい。弟は僧侶になれよ。
ナポレオン(´・ω・`)素晴らしい父親を持てて幸せ。


●幼年学校入学、その後はフランスの首都パリの陸軍士官学校に入学。
フランスの先生(´・ω・`)この子は未開のコルシカから文明を学びにやってきた少年です。
皆、仲良くしましょう。

ナポレオン(´・ω・`)ふざけんな!コルシカが未開な場所だとっ!?
悔しいっ・・・!貧乏だし勉強しまくって成り上がってやる!

●士官学校を11ヶ月(普通は4年かかる)で卒業して、少尉階級で砲兵士官になる。
この11か月での卒業は開校以来の最短記録。

戦争、内戦で活躍して超絶スピード出世。 大尉→少佐→少将
フランスの王党派と手を組んだイギリスの艦隊を撃破するために、ナポレオンは丘の上に大砲持ってきて、海にいるイギリス艦隊を撃退したから少将として歴史の表舞台に立つ。
ナポレオン24歳(´・ω・`)味方が軍事の素人ばっかりだとっ!?何をやっているんだ!
丘の上に大砲を置けば、イギリス艦隊を一方的に叩けるだろうが!

フランス(´・ω・`)しゅごい、少将に出世な!


ヴァンデミエールの反乱で活躍して、フランス軍最高司令官になる。
王党派(´・ω・`)反乱を起こすぞーパリの中心部で武装蜂起だぁー!参ったかぁー!
フランス政府(´・ω・`)これは困った、鎮圧するの難しい。そうだナポレオンを使おう。
王党派(´・ω・`)え・・・・?なにこいつ・・・?
首都で大砲を使うだとっ・・・!?うわあああああああ!!!

ナポレオン26歳(´・ω・`)えへん。どれだけ被害が出てもかまわぬ!市民ごと大砲でドカーン!

●イタリア遠征
フランス(´・ω・`)イタリア経由でやってくるオーストリア軍を叩いてナポレオン最高司令官ー

ナポレオン26歳(´・ω・`)給料をほとんど軍人に払ってないフランス軍で、敵軍を倒せだとっ!?
ならば私は士気を上げるために部下にこう言うしかない!
「攻勢に出よう。武器も食糧も敵地にある。敵領の民衆を圧政から解放しよう!われわれは革命軍なのだ」
封建制糞くらぇー!階級制度なくすぞぉー!

フランス軍(´・ω・`)つまり褒美をくれるって事だよな!やる気がでてきた!

イタリア市民(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)階級がなくなるの?やったー!
俺達フランス軍に協力するー!

●協力的なイタリア人のおかげで、物資を現地調達できるから、フランス軍は迅速に進む事が可能だった。
オーストリア軍の予想以上の速度で、フランス軍が移動して攻撃できたから、フランス軍が勝利する。
フランス(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)しゅごい、さすがナポレオン。人気急上昇中だわ。

●エジプト遠征
ナポレオン(´・ω・`)フランスが安定して発展するには、イギリスが邪魔だ!
この前の勝利で第一回対仏大同盟は崩壊したが、この同盟を作ったのはイギリスだ!
だからイギリスの交易を妨害するために、エジプトを占領する!

オスマン・トルコ帝国(´・ω・`)エジプトは俺の属国・・・ぐぁーやられたー

ナポレオン(´・ω・`)よし、エジプト占領したし、学者使って歴史探究をするぞ!

●(第二回対仏大同盟イベント発生)
ナポレオンがエジプトでゆっくりしている間に、イギリスがオーストリア、ロシア、オスマン帝国などに呼びかけて、再び対仏大同盟を結成。
諸外国の軍隊がフランス国境に迫り、フランス本国が危ない!
ナポレオン(´・ω・`)ええい!
本国の指揮官たちは無能だらけか!
エジプトに駐留する部隊を置き去りにして、私はフランスに帰るぞ!
僅かな側近を連れてな!
(軍規違反、ナポレオンは軍人よりも政治家としての立場を優先した)

ナポレオン(´・ω・`)総裁政府が政治してたら国が亡びる!
軍事力で議会解散な!
俺は王様よりも偉い皇帝になる!
フランス国民よ!
民主主義国家らしく多数決で、俺が皇帝にふさわしいか否か決めろ!

フランス(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)圧倒的多数でナポレオン皇帝誕生が認められましたー。
あれ?民主主義の政体が、独裁者を産む・・・?なにこれ・・・。

ナポレオン皇帝(´・ω・`)今日から余が皇帝だ!
俺の人気は戦争に勝ち続けた故のもの!
だから戦争しまくる!
邪魔なイギリスを倒すために、イギリス上陸作戦をするぞ!

●イギリス海軍相手に、またフランス海軍大敗北。
【アウステルリッツの戦いイベント発生】

ナポレオン皇帝(´・ω・`)海での戦いは負け続きだが陸の戦いで勝利すればいい!
俺が7万4千の軍隊を率いて、オーストリア・ロシア連合軍を打ち破る!

オーストリア・ロシア連合軍(´・ω・`)こっちの兵力9万人やで?勝てると思・・・うわぁーやられたー

ナポレオン皇帝(´・ω・`)フランスは陸軍国家だから、陸での戦いに強いんやで!
ヨーロッパ各地で連戦連勝!
イギリス、スウェーデン、オスマン帝国以外をフランスの勢力圏にした!
属国にできない大国とは同盟結んで影響下におく!


●ナポレオン没落の始まり〜大陸封鎖令イベント〜
ナポレオン皇帝(´・ω・`)イギリスを打倒するために、ヨーロッパ諸国とイギリスとの貿易を禁じる!
イギリスの商品は焼払えー!
全ては余の栄光と、フランス産業の利益のためだぁー!
イギリスを経済的に追い詰めるのだ!

ヨーロッパ諸国(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)ふざけんな!
安いイギリス製品なくなったら、生活が苦しくなるだろうが!
お前、自由・平等をうたっているけどよ!
フランスが一番偉い時点で可笑しいだろ!
という事で正規軍相手にゲリラ戦やる事を決めました!

ナポレオン皇帝(´・ω・`)・・・・え?
ゲリラ戦・・・?
誰が敵で味方か分からん・・・。
とりあえず、かたっぱしから処刑しよう。
フランス軍30万人投入!

ヨーロッパ諸国(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)一般市民を虐殺しているフランスは外道だ!
お前らは解放軍じゃない!
ただの侵略者だ!

ナポレオン皇帝(´・ω・`)30万人投入してもスペインを鎮圧できない。
これがゲリラ戦か・・・

【ロシア遠征イベント発生】
●ロシアがイギリス製品を輸入して、ヨーロッパ諸国に輸出して売りさばいていたから、ナポレオンが60万人の軍勢を集めてロシアを征伐するためにロシア遠征をやる。


ナポレオン皇帝 兵力60万人(´・ω・`)おい!ロシア!
大陸封鎖令を破ったな!
これを放置していたら、他の国々まで大陸封鎖令を破ってイギリスと交易を再開してしまう!
そんなのは許さん!
60万人の軍勢でロシア遠征だ!士気低いけどなんとかなるだろ!

ロシア軍20万人(´・ω・`)敵軍が利用できないように徹底的に焦土作戦ー!
ずっと俺のターン。
フランス軍の補給線を引き延ばした上で、こちらが有利な状態で戦う!

ナポレオン皇帝 兵力15万5千(´・ω・`)一度も闘っていないのに、兵士が次々と逃げて兵力が25%に減ってもうた。
でも戦うぞ!進撃!進撃!

ナポレオン皇帝 兵力11万(´・ω・`)ロシアの首都モスクワを攻略した!
これでフランスの勝利だよな!
……え?首都が焼けて焼野原だとっ・・・!?
首都の施設が利用できないじゃないか!兵士が飢えるぞ!
でも、一応首都攻略した訳だし、さっさとロシアは降伏しろよ。降伏。

ロシア(´・ω・`)冬になりましたー。ロシアの冬の厳しい気候の事を冬将軍といいますー

ナポレオン皇帝 兵力10万(´・ω・`)……おい、冬用の装備持ってないし、兵士飢えてるからこのままじゃ全滅だ!
撤退する!
フランスへ帰るぞ!

ロシア軍(´・ω・`)お?退却したな。
じゃ追撃するわ。
お前ら全員しんじゃえー

ナポレオン皇帝 兵力3万(´・ω・`)うわああああああ!!!
地獄の撤退戦だああああ!!!
逃げろおおおおおお!!!

ロシア軍(´・ω・`)死ねー死ねー

ナポレオン皇帝 兵力5000(´・ω・`)なんとかフランスに帰れたけど、兵力60万人が5000人に減ってもうた。

●【反ナポレオン連合イベント発生】

フランスを打倒するチャンスという事で反ナポレオン連合軍30万人が進撃。
フランス軍18万人(ロシア遠征で軍団が消滅しちゃったから、訓練中の未熟な新兵たちを集めた)で応戦

ナポレオン皇帝 兵力18万人(´・ω・`)おい、招集した数は42万人のはずなのに、なぜ半分以上がこないんだ!

フランス(´・ω・`)ロシア遠征で大敗北したから、人気が落ちたんですよ、閣下。
ほとんど生きて帰ってこれなかったじゃないですかー。

当然、反ナポレオン連合軍が勝利して、敗北したナポレオンにはエルバ島の「皇帝」の称号と、島の統治を許されるという寛大な処分をくだされる。
その後、ナポレオンがフランスに帰還して、10万人のフランス軍を率いるイベントとかあったけど、フランス軍の優位(兵士の士気が高い)が既に戦場から消え去っていたため敗北。
ナポレオンは大西洋の絶海の孤島セント=へレナ島に流されて、52歳で病死(毒殺説がある)

ナポレオンが死なせたフランス軍人の数 合計約78万人

(´・ω・`)モフモフ帝国で狐耳の姫巫女やってます(TS) のなぽ皇帝の設定にそのまんま使う予定だから、纏めた。
ロシア遠征イベントが楽しみ。

ナポレオン (´・ω・`)なぜヨーロッハ帝国に貴族制度が残っているんだ!お前の小説に!
史実の私は封建制度を打破するために戦争したんだぞ!

ナポ皇帝
(´・ω・`)難易度を下げるためさ・・・貴族の利権のために戦わされる哀れな民衆を助けるオリ主、
そういう正義の図式を描けるだろう?
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

15 件のコメント:

  1. ナポレオン戦争で青年層が死にまくって(革命のせいもあるが)人口構成が悪化して
    WWIで完全崩壊したフランス
    再びフランス人によるフランス人のためのフランスとして
    復活する日は果たしてくるのか

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)今のフランスは、移民が増えすぎてもう駄目ぽなイメージ。

      フランス (´・ω・`)移民(低賃金奴隷)を大量に受け入れたから、社会の不安定要素が増えてもうた!

      削除
  2. ラインハルト (´・ω・`)これが俺の元ネタか。
    なんだ、俺以下だな。

    キルヒアイス (´・ω・`)ラインハルト様は宇宙を統一しましたからね。
    まぁ、短期間で王朝崩壊するフラグ立ってるから、人の事はいえませんよ。

    返信削除
  3. 史実通りダヴーとタレーランが配下にいるとしたら勝てる気がしない。

    返信削除
    返信
    1. ゆで卵が大好物とか(水族館のナポレオン)

      削除
    2. 一方面軍任せられるのがダヴーぐらいしかいなくて
      ただ一人外交任せられるタレーランはナポレオンの意向どうり仕事してくれないのが
      ナポレオンの不幸だよなぁ・・・

      削除
  4. 花燃ゆの一話でナポレオンと秀吉を比べる議論があったが、なぜ両方とも寒い地域に無策で突っ込むのか

    返信削除
    返信
    1. 機動戦を得意とする将軍って兵站が苦手なことが多い
      まぁ、秀吉の場合は日本としては全く経験の無い海外での戦争なのに現地の情報をロクに仕入れてなかったのが・・・

      削除
    2. 秀吉もナポレオンも兵站分野でさえチート級だよ。

      ただ冬将軍が予想をはるかに上回る強さだったんだよ。

      あと、知将は努めて敵に食むってのを実践していたのが大きいんじゃないかな。
      それがうまくいっているうちはいいけど、長駆していったのに食む部分が無かったのなら飢え死にしてしまう。

      削除
    3. ナポレオン(´・ω・`)頑張ってロシアの首都攻略したで!
      でも、冬装備ないわ、兵站に負担かかりすぎたから、フランスに逃げ帰るしかないで・・・・

      削除
    4. ナポレオンも後期になると征服地域の混成軍。フランス人なんて、ほとんどいない。
      食料は分散合撃しつつ通り道の町村にビスケットを焼かせて補給していたが
      ロシアでは、その手は使えなかった。そもそも内燃機関登場前の軍隊は
      自力補給は不可能だった。by補給戦

      削除
    5. >秀吉もナポレオンも兵站分野でさえチート級

      曲がりにりにもあの時代の日本で海の向こうの朝鮮半島での戦争を可能としちゃったからなあ。

      削除
    6. チンギスハン「自分とこより寒いとこは攻めなければいいんやで」

      なおゴビ砂漠は地球上で最も火星に似た環境な模様

      削除
  5. 戦術家として若いころから全盛期まではまさにチート。
    無双っぷりは歴史上、トップ5くらいに入るんじゃないかと思う。

    アレクサンドロス大王
    ハンニバル
    ベリサリウス

    早死にか最後が悲惨なやつばっかりだがw

    返信削除
  6. なお女にはヘタレな模様

 

 

フランスの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ