ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ!

カウンター日別表示 
 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
西ヨーロッパイギリスドイツフランススペインオランダベルギー●ポルトガル●アイルランド 
ヨーロッパイタリアギリシャ●バチカン●マルタ●● 
北ヨーロッパロシアノルウェーフィンランドアイスランド●デンマークスウェーデン●エストニア●アイルランド 
東ヨーロッパ ●ルーマニア●ウクライナ●ベラルーシ●クロアチア●セルビア●ブルガリア●ボスニア 
中部ヨーロッパスイスオーストリア●チェコポーランドハンガリー●スロバキア 
ヨーロッパの歴史・現代ニュース【336》
イギリス「ジャガイモ飢饉で、アイルランドの総人口を半分に減らしたったwww」19世紀
アイルランドの位置

 

ヨーロッパ全体の歴史・ニュース】☚全て纏めたページ

日付順に記事を表示する( ●∀●)? ネタ帳


ロシア☚今回の国、まとめたページ


(´・ω・`)簡易
解説ノ゜ω゜
 2018/4/20


1845年から1849年
ーー
アイルランド(ノ✖ω✖)助けてぇー!主食のジャガイモが壊滅状態なの!
ーー
イギリス(´●ω●`)うるせぇー!金儲けの方が大事だ!
大飢饉だからこそ、食料をじゃんじゃん輸出すれば、高値で売れるだろ!
ーー
アイルランド(ノ✖ω✖)そんなぁぁぁ!
ーー
イギリス(´●ω●`)わかった!助けてやる!
土地がない奴だけな!
土地は二束三文で買い叩くわ!



人口の20%くらいが餓死して
労働力が流出
アイルランド島の総人口が
最盛期の半分にまで落ち込んだのだった


(´・ω・`)ソース´・ω・`)


この不作を飢饉に変えた要因は、その後の政策にあるといわれている。ヨーロッパの他の地域では在地の貴族や地主が救済活動を行ったが、アイルランドの領主であるアイルランド貴族や地主はほとんどがグレートブリテン島に在住しているイングランド人やスコットランド人であり、自らの地代収入を心配するあまりアイルランドの食料輸出禁止に反対するなどして、餓死者が出ているにもかかわらず食料がアイルランドから輸出されるという状態が続いた。連合王国政府も、緊急に救済食料を他から調達して飢え苦しんでいる人々に直接食料を配給することを、予算の関係などから躊躇しただけでなく、調達した食料を(安値で)売るなどの間接的救済策に重点を置いた。さらに、政府からの直接の救済措置の対象を土地を持たない者に制限したため、小作農が救済措置を受けるためにわずかな農地と家を二束三文で売り払う結果となり、これが食糧生産基盤に決定的な打撃を与え、飢餓を長引かせることになった。


★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!イギリスが鬼畜すぎるぞー!
総人口が激減して、労働力が逃げまくる状態になってやばいぞー!
-ー
†(´・ω・`)うむ、金は命より重いって事じゃな?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?命は金より重いの間違いでしょ!
-ー
†(´・ω・`)じゃって……ジャガイモは貧農の主食じゃし……。
アイルランドの貧農に売るより、他国の金もっている奴に売った方がもうかるじゃろ?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)それで、総人口の20%をあの世に送ってどうする!?
後先考えてないにも程があるだろ!?
生産者が激減したせいで飢饉が長引いたって、wikiにも書いてあるし!
-ー
†(´・ω・`)(農家いじめのやりすぎじゃな……
わしはもふもふな狐娘がいる異世界へ引っ越すぞい)
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
(´・ω・)一部省略
●●
ヨーロッパ, ニュース, 自作漫画,
ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ