ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
西ヨーロッパ●イギリス●ドイツフランススペインオランダ●ベルギー 
ヨーロッパイタリアギリシャ●バチカン●●● 
ヨーロッパ●ロシア●ノルウェー●フィンランド●アイスランドデンマーク● 
東ヨーロッパ ロシアウクライナベラルーシ●クロアチア 
中部ヨーロッパオーストリアハンガリー 
世界の芸術ヨーロッパの芸術まとめ
世界の事故・犯罪・テロヨーロッパの事故・犯罪
世界の政治・政策ヨーロッパの政治
経済の歴史●ヨーロッパ経済
世界共通項目  軍隊・兵器の歴史世界の歴史人物技術開発の歴史過去の戦争
ヨーロッパの歴史・現代ニュース【26】
ドイツ「実はなVWの排ガス不正問題、メルケル首相は知っていたけど隠蔽してたんだよ!」 

カウンター日別表示 

 
イスラム国関連で、欧米でテロが大流行中 ●シリア難民も大問題中
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
★項目別  ドイツBMW 経済の歴史●ヨーロッパ経済
ドイツ「BMWもディーゼル排ガスを誤魔化していた件、欧州基準の11倍の排ガスが出てる」  2015
9/25

(´・ω・`)解説(´・ω・`)


ドイツのVW(´・ω・`)儲けるためならば、車の排ガス規制を不正でごまかしても良かろうなのだぁー!
これはクリーンディーゼルエンジンなのだぁー!(インチキ)



ドイツのVW(´・ω・`)不正がばれた・・・・経済終わった・・・
車産業が壊滅しちゃうよう・・・・

ドイツのBMW
(´・ω・`)俺も不正やってたことがばれた・・・・車産業終わった・・・



ドイツ(´・ω・`)首相も関与した国家ぐるみのインチキだって事がばれた・・・
ドイツ終わった・・・・




ユリアン(´・ω・`)僕のターン!
難民を受け入れすぎてドイツに大打撃!
メルケル首相の名声にダメージ!


ヤン(´・ω・`)更に私のターン!
ドイツの車産業が、不正発覚して壊滅!
残りライフをほとんど削り取る!



メルカッツ (´・ω・`)(・・・・国家が関与していたインチキな事がばれた。
メルケルのライフはこれでゼロ・・・という事だな・・・・ 
ドイツのライフもゼロになってしまうぞ・・・・)


(´・ω・`)ソース(´・ω・`)


アンゲラ・メルケルは昨日フォルクスワーゲン騒動に巻き込まれました。
>ドイツの野党政治家が彼女の政府が放出結果を浪費している会社を前もって知っていたと発言。
ドイツの緑の党は、排出検査で不正を行っているフォルクスワーゲンについて大臣がすでに夏に知っていた。
しかし、『不正操作と詐欺』が『ウィンクで受け入れられた』と言いました。



パルメ(´・ω・`)ドイツが酷すぎるよう。
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

22 件のコメント:

  1. タイトル(´・ω・`)俺のドイツがこんなに酷い国家な訳がない。

    返信削除
    返信
    1. アメリカも日本もイギリスも最近がたがただし、
      理想の国ってなかなか難しいのね。
      最悪の国は簡単に作れるけど。
      どことは言わないけど、アフリカの一角の崩壊国家とか、
      某半島北部の国家を自称するマフィアのシマとか。

      削除
    2. 現実(´・ω・`)どんな国も腐り、どんな制度も時代遅れになるクソゲーでござる。

      削除
    3. 実は昔と全く変わっていない説
      @ネットの普及で不祥事が発覚し拡散している
      A単に昔の事を美化しているだけ
      古代から言われている「最近の若者は・・・・・・」と一緒

      削除
    4. こぴぺ
      はてなブックマーク - サムスンのテレビに疑惑 テスト中のみ消費電力を削減するよう細工か - ライブドアニュース
      サムスンのテレビに、テスト中のみ消費電力を削減している疑惑が浮上した
      試験条件下であることを検知する機能が、搭載されている可能性があるという
      実際の環境では、消費電力削減などの効果は得られなかったとされている

      サムスン製テレビに「消費電力偽装」の疑いが浮上、フォルクスワーゲンの二の舞か

      削除
    5. >古代から言われている「最近の若者は・・・・・・」と一緒
      それアシモフの言葉だっけ?
      たしか検証した人がいて、そんなこと昔の人は言って無かったとか否定されてたような。

      削除
    6. 最も古い「最近の若者は…」のソース: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる:
      http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2007/04/post_7265.html
      ソース2 : 柳田国男の「木綿以前の事」
      先年日本に来られた英国のセイス老教授から自分は聴いた。かつて埃及(エジプト)の古跡発掘において、中期王朝の一書役の手録が出てきた。今からざっと四千年前とかのものである。その一節を訳してみると、こんな意味のことが書いてあった。曰くこの頃の若い者は才智にまかせて、軽佻の風を悦び、古人の質実剛健なる流儀を、ないがしろにするのは嘆かわしいことだ云々と、是と全然同じ事を四千年後の先輩もまだ言っているのである。



      削除
    7. 「古訓」の例文・つかいかた - 用例.jp
      yourei.jp/古訓
      後輩に対する江藩先生のご 丁寧 ていねい な忠告は、 「新奇を 尚 たつと ぶな、 妄 みだ りに古訓を 詆 そし るな、妄りに 経文 けいぶん を改めてはならぬぞ、学問の道は広く深くて、とてもお前たち若造が口出しのできる場所ではないのだぞ」というものである。
               ↑
      中国の清時代の江藩の『経解入門』の件

      削除
  2. これはひどい。
    これは一体ドイツのせいだ。

    返信削除
    返信
    1. こぴぺ

      @masaharu19759

      ドイツの経済専門家はこぞって日本が悪いと判断してる模様

      トヨタのHVにボロ負けしてディーゼルに逃げるしかなくなり、マツダが「日本車閉め出しの為の規制」を真っ向から解決し、スズキにはありもしない環境技術を見せろと迫られ、堀場製作所の計測器で不正が発覚した

      つまり日本が悪いらしい

      7:45 - 2015年9月25日

      削除
    2. マツダがチート過ぎて恨み言爆発させたくなるのも分かる気がするw

      削除
  3. これクリーンなディーゼルエンジンなんて元から無かったてことか?
    それとも費用対効果の関係で不正して安く済ませてたとかではないの

    返信削除
    返信
    1. 理論上は作れるけど、圧縮率を落とすからドイツが作らないだけ
      国産のは圧縮率落としたら、排ガス処理装置不要になるくらいクリーンになってる

      削除
    2. 書き忘れた。
      圧縮率上げると馬力が上がる。下げると落ちる。
      同じ排気量なら圧縮率高くして基準値超えの排ガス垂れ流したほうが馬力出るから欧州やアメリカで売れるのよね。
      マツダのディーゼルは、ドイツ脅威の技術力による馬力のあるクリーンディーゼルへの対抗は諦めて、圧縮率落とした上で馬力が下がらない技術を開発したら、副産物で排ガス処理装置不要になった。

      削除
    3. >マツダのディーゼルは、ドイツ脅威の技術力による馬力のあるクリーンディーゼルへの対抗は諦めて、圧縮率落とした上で馬力が下がらない技術を開発したら、副産物で排ガス処理装置不要になった。

      (´・ω・`)矛盾を解決して、チートすぎる・・・・

      削除
    4. マツダは昔から他の人間が見捨てた物(ロータリーエンジンとか)を実用性なんて知ったこっちゃねえとばかりに突き詰めて結果的にどうやってか(どこぞの善神の加護か?)実現した挙句一部の人間に崇拝されてる会社ですし、またやってくれたなと嬉しくなります。

      削除
    5. マツダのクリーンディーゼルは圧縮率下げたおまけで頑丈に作る必要性が無くなって、肉薄にして軽量化でさらに燃費アップ、材料費も加工費も安く済む、というメリットもついてきた。ただし高圧縮のディーゼルには要らない部品が必要だったりして相殺するから、実際はそれなりに高価で重くなるが、それでもトータルでプラスが多い。

      削除
  4. これはドイツ版キセキの世代2015あるで

    返信削除
    返信
    1. 女性国防相に博士論文盗用疑惑っていうニュースもあったな。

      削除
  5. ドイツ限界説

    返信削除
  6. ドイツのテンプレ

    ものすごく頭のいいエリートが、組織的、計画的に国家的詐欺をやる。

    それを誤魔化すため、ドイツについての素晴らしいイメージを宣伝で作り上げる。
    (ものすごくカッコいい制服とか、それまで地味だったオリンピックを大規模な国家イベントにしてしまう、とか)

    イメージ戦略は大成功!! しかし、国民は(場合によっては指導者も)
    作り上げられたイメージを自分たちの実力と勘違いする。(ドイツの科学力は世界一ィィィ、とか)

    その勘違いに基づいて、実力を超えるような大事業(たとえば戦争など)を始めるが、大失敗。

    すると、その失敗を誰か(ヒットラーなど)に責任転嫁。責任は自分たちじゃないから反省しない。

    反省しないから、最初へ戻る。

    返信削除
  7. ドイツは定期的にやらかす。
    ただそれだけw

    返信削除

 

ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ