ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
西ヨーロッパイギリスドイツフランススペインオランダベルギー 
ヨーロッパイタリアギリシャ●バチカン●●● 
北ヨーロッパロシアノルウェーフィンランドアイスランド●デンマークスウェーデン●エストニア 
東ヨーロッパ ロシア●ルーマニア●ウクライナ●ベラルーシ●クロアチア●セルビア●ブルガリア●ボスニア 
中部ヨーロッパスイスオーストリア●チェコポーランドハンガリー 
世界の芸術ヨーロッパの芸術まとめ
世界の事故・犯罪・テロヨーロッパの事故・犯罪
世界の政治・政策ヨーロッパの政治
経済の歴史ヨーロッパ経済 欧州の技術技術開発の歴史
●ヨーロッパの戦争:●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史●ヨーロッパの病気・医療
食べ物ニュース●ヨーロッパの食べ物
世界共通項目
 軍隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
ヨーロッパの歴史・現代ニュース【193》
ギリス人女性「殺処分される鶏を画期的な方法で7000羽救った!」 

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
イスラム国関連で、欧米でテロが大流行中 ●シリア難民も大問題中
フォルクスワーゲンでヨーロッパ経済壊滅しそう●
●フランスで大規模同時多発テロして大騒ぎ
★項目別  シリア難民も大問題中 ドイツ 世界の政治・政策ヨーロッパの政治
ギリス人女性「殺処分される鶏を画期的な方法で7000羽救った! 2016
11/30
 


(´・ω・`)二言
解説ノ゜ω゜)

女性(ノ゜ω゜)そうだ!鶏を売ればイイのよ!
飼えば新鮮な卵を食べ放題よー!
殺処分される鶏を助けてー!


(´・ω・`)たった1ポイド(137円)だって!?やったー!買うぞー!


(´・ω・`)ソース(´・ω・`)

その農家とは、ノースヨークシャーでBabthorpe Hall Farmを経営しているSheena Seelさん。彼女によれば、現在飼育している1万2000羽の雌鶏は放し飼いにされ、数年間きちんと卵を産み続けていたという。

しかしその卵を購入してくれるクライアントは、卵の品質を落とさないよう、13カ月ごとにニワトリの群れを入れ替えて欲しいと申し入れてきたそうだ。そして苦渋の決断の末、1万2000羽のニワトリが殺処分されることが決まってしまう。

そこでSheenaさんの娘である大学生のEllieさん(18)は、皆にこの問題に関心を持ってもらおうと決心。雌鶏の命を救うため「1ポンド(約136円)で皆に譲るので、ぜひ飼ってほしい」と11月11日にソーシャルメディアに投稿し呼びかけた。

しかしまだ多くのニワトリが残っているため、Ellieさんは彼らが連れて行かれる20日まで諦めず、紙面にも自分の連絡先を載せて呼びかけたそうだ。

彼女は19日の時点でDaily Mailの取材に対し、次のように語っている。

「ニワトリはとてもおとなしい性格で、歩き回れるスペースを必要とするだけです。彼らを屠殺場へ行かせるのは恥ずべき行為に思えます。ニワトリたちは人々が卵を買うお金を節約してくれます。私たちは少し早いクリスマスの奇跡が起きることを望んでいます」




★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生っー!凄い商法ですよー!これー!


▼ (´・ω・`)(この時期的に考えて、鶏はローストチキンにされているだろうなぁ……)


★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらぁー!?夢のない事を言っちゃ駄目ぇー!

▼ (´・ω・`)だって、鶏を飼う設備ってめっちゃ金かかるし。
鶏肉業者が格安に買いに来たというオチの方が納得できるんじゃよ?





【欧州・ヨーロッパ全体の歴史・ニュース】☚全て纏めたページ

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

 

ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ