前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
西ヨーロッパイギリスドイツフランススペインオランダベルギー 
ヨーロッパイタリアギリシャ●バチカン●●● 
北ヨーロッパロシアノルウェーフィンランド●アイスランド●デンマークスウェーデン● 
東ヨーロッパ ロシア●ウクライナ●ベラルーシ●クロアチア●セルビア●ブルガリア 
中部ヨーロッパスイスオーストリア●チェコポーランドハンガリー 
世界の芸術ヨーロッパの芸術まとめ
世界の事故・犯罪・テロヨーロッパの事故・犯罪
世界の政治・政策ヨーロッパの政治
経済の歴史ヨーロッパ経済 欧州の技術技術開発の歴史
●ヨーロッパの戦争:●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史●ヨーロッパの病気・医療
食べ物ニュース●ヨーロッパの食べ物
世界共通項目
 軍隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
ヨーロッパの歴史・現代ニュース【148》
イギリス「ハリポタの作者がEU残留派だった」

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
イスラム国関連で、欧米でテロが大流行中 ●シリア難民も大問題中
フォルクスワーゲンでヨーロッパ経済壊滅しそう●
●フランスで大規模同時多発テロして大騒ぎ
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
★項目別  シリア難民も大問題中 ドイツ 世界の政治・政策ヨーロッパの政治
イギリスハリポタの作者がEU残留派だった 2016
6/25


(´・ω・`)解説
(´・ω・`)
  

イギリス(´・ω・`)きゃー、大変ー。
移民と難民が押し寄せてきて、イギリスの行政と福祉にタダ乗りしているわー。
おかげで、行政サービスを受けるのに、とんでもない時間がかかっちゃうー
だからEUを離脱よー!


ハリーポッターの作者(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!?
魔法が欲しいー!


「EU加盟国であることは、英国にとって有益かつ有用である、なぜなら、テロリズムのような恐ろしい脅威から国を守り、国をより強くするからだ」

「投票する瞬間、われわれは読者であることをやめ、作者にならねばならない。この物語はハッピーエンドにせよ、そうでないにせよ、私たちによって書かれるのだ」

今までこんなに魔法が欲しいと思ったことはない。




★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生っー!
ハリポタの作者も悲しんでます!


(´・ω・`) ……うむ、ワシには分からん。
ハリポタの作者は金持ち。
離脱派に入れたのは、現状を変更したい連中じゃろうから、恐らく金持ちじゃないじゃろうしなぁ。
離脱派の言い分の方が、正しく聞こえてきたしのう。

 

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!?
世界経済に悪影響が出る問題なのに!?


(´・ω・`ソース(´・ω・`)

先にローリング氏は、6月20日、英国に対し、EU加盟国として残るよう呼び掛けた。これについては、彼女のサイトに掲載された「EU問題をめぐる国民投票と怪物と悪人についてのメッセージ」の中で述べられている。

​ローリング氏は、自分のサイト上に「EU加盟国であることは、英国にとって有益かつ有用である、なぜなら、テロリズムのような恐ろしい脅威から国を守り、国をより強くするからだ」と書き込んでいた。



 ●
迷探偵パルメ (´・ω・`)EU離脱で失業者がたくしゃん。
EU残留で、膨大な行政コストを外国人に払う。
どっちが良いのか、ワシには分からん


パルえもん (´・ω・`)どっちもメリット・デメリットあるもんね……

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

7 件のコメント :

  1. ヴォルデモート(´・ω・`)やったー、離脱だー

    ハリー(´・ω・`)そんなー

    返信削除
    返信
    1. 考えてみればハリポタの敵ってガチガチの差別主義者というか民族主義者というかそんな感じだもんな。
      主人公側は融和とか寛容とか許しとかだし、ちょっと考えれば作者がどっち支持か分かるわな。

      削除
    2. でもこの人
      今生活に困窮してたなら離脱派に入れそう

      削除
    3. クィディッチワールドカップでの日本チームへのキャラ付けはちょっと忘れられないよな…

      削除
    4. どんなキャラ付けだった?

      削除
    5. 「空飛ぶ絨毯が主流のアジアの国々の中で開放的なお国柄のため珍しくクィディッチが普及しているものの、レベルはまだまだ」…ここまではいい。
      だが「試合に負けると自分たちの箒を燃やす風習があり委員会から難色を示されている」ってのはどういうわけだ!自分たちの腹は割いても道具を大事にしないってのはありえんわ!

      …とまぁ、「西洋人的に理解不能な現実とかい離した奇習」が付与されている。彼女の異文化観がなんとなく分かりますね。

      削除
    6. ハリポタの作者が日本についてどんな見方をしているのか、
      激しく気になる。
      もちろん、偏見や勘違いも含めてね。

 

ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ