ヨーロッパの歴史にゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
西ヨーロッパイギリスドイツフランススペインオランダベルギー 
ヨーロッパイタリアギリシャ●バチカン●●● 
北ヨーロッパロシアノルウェーフィンランド●アイスランド●デンマークスウェーデン● 
東ヨーロッパ ロシア●ウクライナ●ベラルーシ●クロアチア●セルビア●ブルガリア 
中部ヨーロッパ●スイス●オーストリア●チェコポーランドハンガリー 
世界の芸術ヨーロッパの芸術まとめ
世界の事故・犯罪・テロヨーロッパの事故・犯罪
世界の政治・政策ヨーロッパの政治
経済の歴史ヨーロッパ経済 欧州の技術技術開発の歴史
●ヨーロッパの戦争:●現代の戦争過去の戦争
生物・進化病気の歴史●ヨーロッパの病気・医療
食べ物ニュース●ヨーロッパの食べ物
世界共通項目
 軍隊・兵器の歴史世界の歴史人物過去の戦争
ヨーロッパの歴史・現代ニュース【129》
ドイツ「パナマ文書のおかげで、ナチスがユダヤ人から略奪した名画(2.7億円)が見つかった」 所有者もユダヤ人

カウンター日別表示 

 
今の時期、話題のニュース
イスラム国関連で、欧米でテロが大流行中 ●シリア難民も大問題中
フォルクスワーゲンでヨーロッパ経済壊滅しそう●
●フランスで大規模同時多発テロして大騒ぎ
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
★項目別  シリア難民も大問題中 ドイツ 世界の事故・犯罪・テロヨーロッパの事故・犯罪
ドイツ「パナマ文書のおかげで、ナチスがユダヤ人から略奪した名画(2.7億円)が見つかった」 所有者もユダヤ人 2016
4/17


(´・ω・`)解説
(´・ω・`)
  


ナチスドイツ(´・ω・`)第二次世界大戦中の戦費を補うためにっ!
美術品を略奪するお!




ドイツ(´・ω・`)すいませんでしたぁぁぁぁ!!
略奪した美術品は見つかり次第、無償で返却しまーす!
パナマ文書のおかげで見つかりました!
ユダヤ人から略奪した絵画は、ユダヤ人が持ってました!あれ……?
まぁいいや!お前の美術品没収な!


ユダヤ人のデービッド・ナーマド(´・ω・`)財産を勝手に没収された……
正規のオークションで購入したのに可笑しいよ……



押収された絵画は「つえを突いて座る男」という1918年の作品で推定価値は2500万ドル(約27億円)。
時事通信ニュースによると、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に、パリでユダヤ人収集家から没収。
その後、行方不明になったとの見方が強いという。
ブルームバーグによると、絵を奪われたユダヤ人収集家の孫は、その行方をカナダの団体「モンデックス」に依頼。
この団体は略奪された美術品を本来の所有者に返還するための活動をしている。
 



ユリアン(´・ω・`)白人が、有色人種から強奪しまくった金銀財宝も返還はよ。




ヤン (´・ω・`)白人の財産だけ特別扱いするのは良くないよね……




メルカッツ (´・ω・`) (ユダヤ人の財産だけ特別扱いで、強制没収か……。
普段から他人の恨みを購入しまくりなんだなという事はよく分かった)

(´・ω・`) ソース(´・ω・`)

第二次世界大戦中にナチス・ドイツが略奪したイタリア人画家モディリアーニの絵画が、スイス・ジュネーブで司法当局に
押収された。各国首脳らのタックスヘイブン利用疑惑を暴露した「パナマ文書」が契機となり、
これまで明らかにされていなかった絵画の所有者が判明したという。AFP通信などが4月11日に報じた。 

 

押収された絵画は「つえを突いて座る男」という1918年の作品で推定価値は2500万ドル(約27億円)。
時事通信ニュースによると、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に、パリでユダヤ人収集家から没収。
その後、行方不明になったとの見方が強いという。
ブルームバーグによると、絵を奪われたユダヤ人収集家の孫は、その行方をカナダの団体「モンデックス」に依頼。
この団体は略奪された美術品を本来の所有者に返還するための活動をしている。 

1996年に絵画はロンドンで競売にかけられ、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」
が設立を手掛けたとされる法人「IAC」が落札した。この法人の所有者は公にはされていなかった。
AFP通信によると、モンデックスは2011年以降、ユダヤ人収集家の孫が絵画を取り戻せるよう
アメリカ当局に協力を要請していたが、アメリカ当局も現在の所有者を特定できなかったという。 

ところが、「モサック・フォンセカ」から流出した「パナマ文書」によって、絵画を落札したIAC唯一の株主が、
ユダヤ系の富豪で著名美術品収集家のデービッド・ナーマド氏だと判明。
絵画がスイス・ジュネーヴの倉庫に保管されていることも分かり、ジュネーヴ司法当局が先週末に絵画を押収した。
BBCによると、ナーマド氏は「私が略奪品を所有していることを知ったなら、夜も眠れないだろう」と
カナダのラジオ局に語った。また、ナーマド氏の顧問弁護士リチャード・ゴラブ氏は「ナーマド氏と今回の件は無関係だ」と述べた。 

 



 ●
迷探偵パルメ (´・ω・`)パルエモン。どうしよう?





パルえもん (´・ω・`) ……そうだ!
ナチスドイツが全部悪いんだから、ドイツがこの大富豪に2.7億円の代金を払えば良いんだ!
これで三者全員が納得できるよね!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

 

5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)絵はいらないけど、絵の値段が欲しいですっ……!ゴッホ先生…!

    返信削除
  2. 正規のルートで売買したら税金かかるから、脱税目的の裏取引するために
    ユダヤがナチスに奪われたって嘘ついて隠してただけだろ

    返信削除
    返信
    1. ブラッド・ダイヤモンドが問題になった時に、紛争地帯からの輸出を規制しようとしたけど、ユダヤの宝石商人たちが圧力かけて抜け穴作らせたとかいう話があったな。
      皮肉なのはイスラエルと敵対してるテロリストたちも、宝石や美術品をマネロンで利用してるってことかな。
      大企業から犯罪組織まで、タックスヘイブンを活用してるのと同じ構図だね。

      削除
  3. というか「1996年に絵画はロンドンで競売にかけられ〜」
    ってあるけど盗難美術品と知っていたのに競売にかけてた英国の取引所はお咎めなしというね。

    返信削除
    返信
    1. 善意の第三者って扱いなのかな?
      (なぜそうなのかこの場合甚だ不明だが)
      善意の第三者って善意でも、第三者でもないって場合が多いような・・・。

ブログパーツ