戻る(・ω・`) ブログ欄に移動する 
デング熱 エボラ出血熱

病気の歴史  管理人の文章【10】 
エボラ出血熱がアメリカに上陸

カウンター日別表示

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 
エボラ出血熱がアメリカに上陸 2014/10/1
エボラ出血熱 アメリカ
(´・ω・`)とうとう感染すると後遺症を残すエボラ出血熱がアメリカに上陸。
今年はイスラム国やらで大騒ぎするニュースが多い年な有様だよ。

ソースの一部

【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)は9月30日、南部テキサス州でエボラ出血熱の感染者を確認したと発表した。CDCによると、アフリカ大陸以外で感染者が確認された例は初めてとみられる。患者は男性で、テキサス州ダラスの病院で隔離治療を受けており、重症。流行地であるリベリアで感染したもようだ。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014100100070


お兄様(´・ω・`)以前のエボラ出血熱は、感染力激弱+感染するとほぼ死ぬ病気だったから被害は少なかったんだ。
だが、今の進化したエボラ出血熱は、感染力が弱いが、感染すると6割死に、助かっても重度の障害を残す病気に成長してしまったんだ。
おかげで感染した人間が以前よりも増えすぎて、大変な事になっている。

バス女(´・ω・`)自然って怖いよね。


 現在のエボラ出血熱ニュースの簡易まとめ(新しいニュースが出る度に、短くなるように簡略したり情報を追加しています。)
特に見なくて良い

●2012年12月 エボラ出血熱での、これまでの死者数は1,590人(2012年12月現在) wiki

2014年2月
 西アフリカで発生したエボラ出血熱が、アフリカ各国のあちこちに感染して、死者が急増中。致死率が凄く高い

7月27日 リベリアは、感染の拡大を防ぐために自ら国境封鎖を行った

7月31日 シエラレオネのアーネスト・バイ・コロマ大統領は非常事態宣言をおこなった。

8月6日 リベリアのエレン・ジョンソン・サーリーフ大統領は非常事態宣言をおこなった

この時点で死者約900人。

8月 やだ、スペイン(南ヨーロッパ)に上陸しちゃった。

8月10日 ドイツ(西ヨーロッパ)にも上陸

8月16日 感染者数が2100人を超え、うち死者数が1145人


塩を飲んだらエボラ出血熱対策になると信じたアフリカ人が、塩を摂取しすぎて2人死亡

8月17日【リベリア】 武装集団が食糧価格高騰に激怒して、エボラ患者の隔離施設を襲撃。患者が逃げて被害拡散

8月20日  東南アジアのミャンマーまで感染拡大 現時点の死者1229名 感染者数は2240名

9月10日【リベリア】 死者が2288人を突破、リベリアが国家存亡の危機に立たされる。

9月19日【ギニア】 村人達が、エボラ出血熱の啓発活動中だった記者ら8人を殺害

【NEW】 10月1日【アメリカ合衆国】 
エボラ出血熱がアメリカ大陸に上陸していた事が判明した。

前に戻る(´・ω・`)  次にゆっくり進むよ! 

12 件のコメント:

  1. アメリカは密入国のメッカだから、遠からず上陸するだろうとは思ってた。
    パンデミック間近ですなあ。

    返信削除
  2. お兄様の能力に、エボラ治癒の能力が追加されるな。
    間違いない。

    返信削除
  3. 富士フィルムのグループ会社がインフル治験薬として作っていた「ファビピラビル」さん。
    フランス政府の要請を受けて9月19日からフランス人女性に投薬されているみたいだけど
    良い効果が出るといいねぇ(´・ω・`)

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ですのう。

      削除
    2. 件のフランス人、治癒して退院したってニュースが出てるね
      ttp://www.sankei.com/life/news/141004/lif1410040045-n1.html

      >ファビピラビルなど、エボラ熱に対する承認を受けていない
      >3種類の薬物で治療を受けていた

      ってあるので、どの薬が功を奏したかどうかはまだ分からないけれど
      兎も角治ってよかったと思うよ。

      削除
  4. 先日、本屋で「ホット・ゾーン」(アウトブレイクの原案)が再販されていた。
    出版社もなかなか、機を見るに敏ですなあ。

    返信削除
  5. 価格高騰に怒ってエボラ患者の隔離施設襲うとか21世紀とは思えない
    こいつらはようやく中世暗黒期に入った程度のモラルなのかな
    汚物は消毒だー!をリアルにやった方が良い気がしてくるから困る
    国民の教育っていうのは重要だよっていう教訓になるのかな

    返信削除
    返信
    1. アフリカの政府はだいたい腐敗していて信用に値しないので彼らは合理的と言えば合理的。

      その日暮らしをしている人間は収入を絶たれたらただちに死ぬ。
      そんな人間にエボラにかかったたら死ぬから市場閉鎖とか受け入れられるわけがない。

      モラルがどうとか言われるべきなのは普段から腐敗して無茶苦茶やってる政府の方。
      信用が無ければどんな政策も無駄である。

      削除
    2. 白人さんにはインディアン相手やハワイで病気ばらまいた実績もあるしね
      日本は戦争で条約無視の民間人虐殺とかされた割に欧米を信用してるけど、あいつらだけは信用できないと思ってる国も多いってことでしょ

      削除
    3. 贈り物の毛布に天然痘ウィルスかw

      削除
    4. コロンブスは、当時の白人以外サルと考えてる風潮の中、女王様に「ちょっと殺しすぎなんじゃね?」とか調査団送られるくらいヒャッハーするし、ほかの白人どもも宗教とウイルス攻撃で現地人の文化も命さえも駆逐するし、マジやべーよなw

      削除
  6. まさに天冥の標2巻の状態。

    返信削除
    戻る(・ω・`)

    ブログパーツ