南アジアの総合ページにゆっくり戻るよ! ブログ記事・歴史・事件・経済・ニュース別はこちら 
国別 中国インドブータンパキスタン☆ネパール☆☆☆☆☆☆☆タリバン
国別に事件別のページは作らない。手間暇かかるから
世界の事故・犯罪・テロ●南アジアの事故・犯罪 ●世界環境問題●南アジアの環境問題
世界共通項目  軍隊・兵器の歴史世界の歴史人物技術開発の歴史過去の戦争
南アジアの歴史・現代ニュース【3】
インド「ニューデリーの大気汚染が中国よりも深刻」

カウンター日別表示 

 
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
★項目別  インド ●世界環境問題●南アジアの環境問題
インド「ニューデリーの大気汚染が中国よりも深刻」 2015
12/26

(´・ω・`)解説(´・ω・`)


大気汚染(´・ω・`)インドにインドウを渡してやる!


インド(´・ω・`)大気汚染ひどすぎ!
石炭炊きすぎて、周りの村々で病気になる人でまくり!


 米大使館が大気汚染度を測る指標として使っているAQI(大気質指数)によれば、12月7日の北京は、「256」を示した。
有害な微小粒子状物質であるPM2.5の大気中の濃度に換算すると、1立方メートル当たり206マイクログラムに相当する。
そして、同日のニューデリーのAQIは286を記録。PM2.5濃度で言えば、1立方メートル当たり230マイクログラム近くだった。


ユリアン(´・ω・`)人口増えすぎてインドが大変です



ヤン (´・ω・`)インドはインド人の数の多さによって、インドウを渡される日が近いね・・・
もっと人口減らさないと駄目だよ。



メルカッツ (´・ω・`)(人間の数を減らせ・・・なんて怖い発言だ・・・・
だが解決策がそれしかないのも確かだな・・・)


(´・ω・`)ソース(´・ω・`)


 先週、中国の北京市政府が深刻な大気汚染に対して初めて 「赤色警報」を発令した日、インドの首都ニューデリーの空気はもっと汚かった。

 米大使館が大気汚染度を測る指標として使っているAQI(大気質指数)によれば、12月7日の北京は、「256」を示した。
有害な微小粒子状物質であるPM2.5の大気中の濃度に換算すると、1立方メートル当たり206マイクログラムに相当する。
そして、同日のニューデリーのAQIは286を記録。PM2.5濃度で言えば、1立方メートル当たり230マイクログラム近くだった。

 WHO(世界保健機関)は昨年、世界の約1600の都市を対象に大気汚染を調査。その結果、ニューデリーの空気が最も汚れていると発表した。

 しかし、ニューデリーではPM2.5の濃度が「危険」とされる300を超えても(実際、先々週に何回も超えた)、北京のように市民に緊急警報を出す規定がない。

石炭火力への依存も問題

「大気汚染の深刻さと、健康被害の大きさから考えると、ニューデリーは直ちに手を打つ必要がある」と、同市を拠点とするNPO科学・
環境センターのアヌミタ・ロイチョードリー代表は指摘する。彼によると、ニューデリーでは大気汚染に関連した疾患で、毎時1人以上が
死亡しているレベルという。

 大気汚染対策の遅れを批判されたデリー首都圏政府当局は今月初め、市内での自家用車の使用を一時的に制限する計画を発表した。
ナンバープレートを奇数と偶数に分けて、1日おきに走行を許可するという。当局は「2、3週間試してみて効果を確認したい。詳細は決定次第発表する。
今のところ、来年1月1日から(本格的に)始める予定だ」としている。

 ニューデリーで登録されている車は約900万台。そのうち850万台近くが、個人が所有する車だ。当局は公共交通を充実させたり、
地下鉄の駅から居住地域までの交通手段(バスやタクシーなど)との接続を改善するなどと約束しているが、実現の可能性は不透明なままだ。



パルメ(´・ω・`)石炭炊きすぎて・・・・インド人がインドア派になっちゃうね・・・パルエモン


ぱるえもん
(´・ω・`)ギャグを言うためにこんな記事書くな!

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

5 件のコメント:

  1. インドはそんなところまで中国に対抗しているのか・・・

    返信削除
    返信
    1. 中国(´・ω・`)宿命のライバルポジか・・・

      削除
    2. インドレイプ事件ニュースが急に増えた時も思ったけど、
      政府が中国封じ込めのためにインドを向いた途端
      インドは中国よりも酷いって報道が出てくるのは気持ち悪い。

      削除
  2. インドはダリットっていう不可触賎民負の側面いまだに抱えてて
    そこへの暴行含むヘイトクライムが多いのは前から報道あったよ?
    中国云々とは別に過ぎた特定の国アゲもよくないかと

    返信削除
  3. 人口を減らせ
    求むルドル・フォン・ゴールデンバウム

    返信削除
南アジアの総合ページにゆっくり戻るよ!
ブログパーツ