東南アジア欄にゆっくり戻るよ! 経済・軍事・事件別にゆっくり移動 
国別 ミャンマータイインドネシアベトナムフィリピンカンボジア★★
世界の事故・犯罪●東南アジアの事故・犯罪
東南アジアの歴史・現代ニュース  管理人の文章【1】 
インドネシア「54人が乗った旅客機が墜落」 また墜落事故

カウンター日別表示

前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
国別 世界の事故・犯罪 ★インドネシア
インドネシア「54人が乗った旅客機が墜落」 また墜落事故 2015
8/17

ユリアン (´・ω・`)提督・・・・最近、墜落事故多いですよね。
また飛行機が落ちましたよ。





ヤン(´・ω・`)・・・行方不明=墜落=ほとんど死亡だもんね。



メルカッツ (´・ω・`)(確か東南アジア路線は価格競争が激しすぎて、恐ろしい低価格だった記憶があるな・・・・
安売り競争で安全が犠牲になっているのかもしれない・・・・・
コストを削れば削るほど、安全も削られて消えていく・・・・)
(´・ω・`)ソース(´・ω・`)


消息を絶ったのはインドネシアの首都ジャカルタに本社がある航空会社「トリガナ航空」のプロペラ機で267便です。
インドネシアの運輸当局などによりますと、旅客機は乗客乗員54人を乗せて、16日午後2時20分すぎパプア州北部の州都ジャヤプラを出発し、およそ40分後にパプア州中部のオクシビルに到着する予定でしたが、午後3時前に連絡がとれなくなったということです。
乗っていた54人は5人の子どもを含む49人の乗客と5人の乗員だということで、ジャカルタにある日本大使館は乗客に日本人が含まれていないか情報収集を進めています。
旅客機が消息を絶ったとみられる場所は標高2000メートル以上の山間部で、救難当局が航空機などを派遣して捜索を行っていますが、現地は濃い霧がたちこめるなど悪天候のため、難航しているということです。

(´・ω・`)安い路線を作ったら、乗客の生命まで安くなっちゃったよう。
  次にゆっくり進むよ! 

6 件のコメント:

  1. 実際に東南アジアの国内線に乗ったときは、機体の塗装が所々剥げている、機内トイレの水がカビ臭い(貯水タンクの掃除が不十分)といったように低予算で維持していると見て取れたな。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)(想像していたよりも、まともな飛行機だった)

      削除
    2. 今までの陸路と同程度のメンテしかしてなさそう
      てか、飛行機だから話題になってるだけで、列車や車の事故もそれなりに起きてるよね

      そういえば10年位前のアエロフロートは、内装の補修がガムテープだったよ
      こっちは乗客を7000人くらい殺してるから、まだまだぶっちぎり

      削除
  2. だけど、燃料タンクの中を掃除しないから、タンクの底に溜まった燃料で腐食して、いつ穴が開いてもおかしくない状態でもある。
    外側はしょうがないにしても、重要な部分までコストカットしちゃいかんやろ。

    返信削除
    返信
    1. コストカットしか能のない無能な経営者に重要かそうでないかの判断なんかつかない。
      原田とかワタミとかみりゃ良くわかるだろ。

      削除
    2. まぁ、ある程度完成された機械とか仕組みにおいてコストダウンは、「何か」を削って達成するしかないし、
      一見無駄に見えてもそうじゃない事だらけだから問題を別の場所に移してるだけだったりする。
      本気でコストダウン考えるなら数%を積み重ねるだけじゃなくて、どうすれば同じ機能を10分の1のコストで実現できるかも考えないといずれ安全性とか寿命とか致命的な物を削るしかなくなる。

      削除

 

  1.  
東南アジア欄にゆっくり戻るよ!
ブログパーツ