ゆっくり戻るよ!

 アメリカの歴史【4】
アメリカ大陸にあった独自の文明が超弱いのは、馬がいないせい


             ___
××│|      /__     ヽ
××│|  /   |⌒ヽ\|      ヽ        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从ノ
──┘|/     |+  |─l- 、    |       <                        >
 ̄ ̄ ̄|     cーU #  ノ   / っ      < うわぁぁん、ドラえもぉおおんッ!! >
      |  / ⊂_/ ⌒ヽ\ヘ/   っ    <                        >
      |/         ⊂j ゙ .へ          Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒Y
 ̄ ̄ ̄|    (ヽ∩ヽ二二 // ヽ
      |  / 三   j ̄ ̄ ̄ )   l
___|/     ̄  ̄ ̄ ̄|      | ───
      |   /      ,−┼ー──|  ̄ ̄ ̄
      |  /  /´ヽ/ヽ_|.___ノ、_,− 、    ⌒ ヽ
___|/    ! //ヽ/    \  | |__  l ──    )
   /.       \ __ノ          ̄ ̄|ー  !  ̄ ̄(  ノ
  /                    `ー′
/             ::::::::::
前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 
アメリカ大陸にあった独自の文明が超弱いのは、馬がいないせい 管理人の文章  2013/09/18


(´・ω・`)白人達が大量にやってくる前に、アメリカ大陸には独自の文明と国家があった。
でも、馬が1万年前に絶滅しているせいで、機動力がなくて辛いんだ。
(´・ω・`)お馬さんがいない事は、文明の発達を大きく阻害して洒落にならないんだよ!


●馬がいないから、国家の納める事ができる版図が狭くなる。 (機動力がないから)
●馬の機動力がないから、銃を装備した白人 168名 VS  インカ帝国4万人でも戦争に勝利できない。 (奇襲攻撃で総大将を殺害・拉致すればいいから、4万人を殺さずに勝利できる。国家の頭を抑えれば、インカ帝国に1000万人の人口があっても、あとは楽勝。)
●馬の輸送力がないから、他国との活発的な交流が出来なくて、技術が発達し辛い。この時点で致命的。
●上記のせいで国が滅亡すると、旧石器時代の生活に戻るほどに技術が衰退しやすい。
●馬がないから情報伝達の手段とかが遅すぎて、情報戦で大敗北する。


(´・ω・`)それぞれの文明は、独自に発達した特殊な技術はあれど、孤立しているし、戦争のための技術が発達してないから無理ゲー。
現代の軍隊がファンタジー世界にいって無双するのと同じ事が、当時のアメリカ大陸で行われたんだ。

(´・ω・`)でも、このギタンギタンのボコボコにされた文明のおかげで、文明の発達にとって馬がどれほど重要な存在なのかが理解できるという事もあり、お馬さんの価値って奴を私達に教えてくれるんだよ。


(´・ω・`)現在のお馬さんの役割は自動車があるから、馬を刺身にして美味しく頂いています(キリッ
何でも馬肉は生肉で食べるのに一番向いていて美味しいらしいよ。


前にゆっくり戻るよ!  次にゆっくり進むよ! 

6 件のコメント:

  1. 識字率がうんぬん以前に
    文字すら持っていない文化があったらしいから
    どういう暮らしをしていたのかよくわからない
    文明があるらしいね

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)文字の重要性を私達に教えてくれる(キリッ

      (´・ω・`)技術は文字はなくてもある程度は発達したみたいだけど、文字がないせいで考証するのが大変みたいだね。

      削除
  2. 徒歩と舟以外に移動力が無かったアメリカとアフリカの文化の孤立性は、まさにボッチ。
    なんか、J・ダイアモンドっぽくなってきてないか?

    返信削除
    返信
    1. アフリカ北部はナイル川がなかったらほんとやばかった
      というか無駄にでかい石の墓作って4000年後の民まで
      観光業で養うことに成功したエジプトの王様は偉大過ぎると思う

      削除
  3. いや馬はアメリカにもいたんやで。ただ全部食べてしまっただけで……。
    ユーラシアも馬の家畜化が数百年遅ければ食いつくしていただろう。
    その場合、遊牧民の無双化がなくなって歴史が変わりまくりんぐ!!

    返信削除
  4. 馬以外にも鉄(高温の精錬技術がなかったので青銅や金銀どまり)も車輪(近いものはあったがおもちゃみたいな物で実用に耐える物ではなかった)もないという無理ゲー
    よくこんなんでアステカもインカも1000万以上の人口を抱える大国家になれたな……

 

ゆっくり戻るよ!

ブログパーツ
カウンター日別表示