ゆっくり戻るよ! ブログ欄に移動するお
アメリカの歴史と戦争  現代の戦争歴史人物 シェールガス革命 アメリカ軍事・兵器 黒人差別問題
アメリカの大企業 グーグルアップル●エプソン●ツイッター●ボーイング社
アメリカの経済・訴訟問題世界経済

世界の芸術アメリカの芸術

アメリカ軍事・兵器現代兵器+兵器の歴史
宇宙開発の歴史アメリカの技術開発
世界の技術開発の歴史
アメリカの犯罪・麻薬・銃乱射世界の事故・犯罪
世界の食べ物●米国の食べ物 
世界の政治米国の政治
世界共通の項目  ●世界中の人権問題過去の戦争 20世紀 
アメリカの歴史【120】
アメリカの銃愛好家「4歳の息子でさえ、22口径(の銃)で標的を撃ってはしゃいでいますよ」☚息子に撃たれて重症 

カウンター日別表示




       オバマ政権時代の記事 
イスラム国関連で、欧米でテロが大流行中 
●トランプ氏が大問題になっている頃
      

前にゆっくり戻るよ! 次にゆっくり進むよ!
アメリカの総合ページ

アメリカの犯罪・麻薬・銃乱射世界の事故・犯罪

アメリカの銃愛好家「4歳の息子でさえ、22口径(の銃)で標的を撃ってはしゃいでいますよ」☚息子に撃たれて重症 2016
3/11


(´・ω・`)解説(´・ω・`)



銃愛好家(´・ω・`)銃はおもちゃwwwww
だから規制するのはやめろ!
今日はドライブしようかなーwww



子供 (´・ω・`)わーい、トラックの床に銃がある。

ターン!


銃愛好家(´・ω・`)☚後部座席にいた息子に、銃撃されて重傷



ユリアン (´・ω・`)なにこのブーメラン。



ヤン (´・ω・`)熱心に銃を愛好して、息子に玩具代わりに使わせた結果・・・・しかも、幹線道路の運転中に銃撃されるとか・・・・うわぁ・・・・


メルカッツ (´・ω・`)(撃たれる前に打ち返さないと駄目だろ・・・アメリカライフル協会的な思想で考えるなら・・・・)

(´・ω・`)ソース(´・ω・`)


銃愛好家の米女性、4歳息子の誤射で重傷 フロリダ

米南部フロリダ(Florida)州で8日、銃所持の権利を熱心に支持していた女性が、4歳の息子の銃誤射により重傷を負った。地元当局が9日、発表した。女性は銃の管理をめぐり刑事責任を問われる可能性があるという。

負傷したジェイミー・ギルト(Jamie Gilt)さん(31)はこの前日、息子の銃の腕前をインターネット上で自慢したばかりだった。

ギルトさんが車で幹線道路を走っていた際、後部座席にいた息子が銃を誤って発砲。銃弾は座席を貫通し、ギルトさんの背中に当たった。

NBCニュース(NBC News)は警察当局の話として、銃は45口径の拳銃で、ピックアップトラックの床にあったのを息子が見つけたと伝えた。

ギルトさんは7日、自己防衛のための銃所持についてのフェイスブック上の議論で、「私の4歳の息子でさえ、22口径(の銃)で標的を撃ってはしゃいでいますよ」と豪語していた。

 





迷探偵パルメ(´・ω・`)でも、打たれたのが自分で良かったよね。
これが赤の他人とかだったら、洒落にならないよ。




パルえもん (´・ω・`)4歳の子供に、銃の訓練させる時点で・・・色々と異次元だよね・・・・

前にゆっくり戻るよ! 次にゆっくり進むよ!

23 件のコメント :

  1. メルカッツ
    「そして、高い医療費を請求されるというダブルパンチ」

    シュナイダー
    「銃好きなのですから本望でしょう(棒)」

    返信削除
    返信
    1. セリフ(´・ω・`)撃っていいのは、撃たれる覚悟があるやつだけだ!


      (´・ω・`)戦争時でもないのに、こんなセリフがなぜか当て嵌りそうな雰囲気。

      削除
    2. 銃の知識、マナー
      …・・人を指さすのは、エチケット違反だと、海外では良く聞かされる。これは、銃のマナーに起因している。なぜならば、向けられてる本人や、他の人から見れば、ピストル(武器)を向けているように見えるからだ。 他から見て武器に見えるものを人に向けない。…・ルールであり、エチケットだ。
       子供がオモチャのピストルを警察官に向けて射殺されたアメリカの事例では、さすがに裁判にかけられたが、警察官の正当防衛が認められ、警察官側の勝訴で終わった。(銃のマナーを徹底して教えなかった親の責任)

      補足
      ●カリギュラ効果
      ──「絶対にやらないでください」と禁止されるとやりたくなる

       行動心理学の専門用語。由来はローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにした1980年の映画『カリギュラ』。過激な内容だったため一部で公開禁止になったが、それがかえって関心を呼んだ。

      削除
    3. >子供がオモチャのピストルを警察官に向けて射殺されたアメリカの事例
      ・子供というが、身長は160cmを超えており、外見上は通報者も「・・・おそらく子供?」という感じだった
      ・おもちゃのピストルというが、オモチャだと示すオレンジ色が加工されて消されており、ぱっと見は本物のピストルと見分けがつかなかった
      ・ベンチに座って周りを歩く人間に銃口を向けるという遊び?をしており、警察に通報された
      ・警察が手を上げろと声をかけるとポケットに手を伸ばした(と警察は主張している)

      これは正当防衛でもしょうがない

      削除
    4. あまり関係無いけど。ずっと前に『相棒』でいつもその辺の子供にボーガンを向けて怖がる様を見て楽しんでる人が出てたんだよ。でもみんな向けられたら怖がりはするけどその人もさすがに本当に撃って来る程バカではないとは思ってるんだ。
      で、一つ疑問なんだが、アメリカ人達は仮に他人に銃を向けられた場合みんな相手がホントに撃って来るつもりなんだ(もしくはホントに撃って来る程バカなんだ)ろうと思って反撃してるのか?
      それとも一応アメリカ人達もみんな頭では「ホントに撃って来るか来ないかで言えば多分撃っては来ないだろう」とか「相手も本気で撃って来る程バカではないだろう」とは思ってるけど自分の身に危険が及び可能性が万に一つでもあるなら反撃しておこうと思って行動してるのか?
      まぁ、治安の良い日本としょっちゅう銃乱射事件が起きてるアメリカの差なのかもしれないけど。
      尚、このコメントは純粋にアメリカ人達は銃を向けられたら相手は本気で撃って来るつもりなんだと判断するのか、それとも一応撃っては来ないだろうと頭では考えているのかと言う疑問であって決してアメリカ人はおかしい等と言いたい分けではない上に自分も他人に銃を向けたらホントに撃つつもりだと判断されても仕方ない事をきちんと理解しているのであしからず。

      削除
  2. 自分の息子は4歳で人に銃を撃って当てる技術があるって喜んでるんじゃないかな

    返信削除
    返信
    1. 愛好家「で か し た」
      こうですか分かりたくないです。

      削除
    2. キルアの母親がそんな感じだったな。

      削除
  3. ここから得るべき教訓はこちらの装備が充実していて、相手の装備が劣っていても不意打ちの一発で致命傷足りうるから油断するなって事かなw

    返信削除
    返信
    1. 油断といえば・・・・・・・
      「無殺菌乳合法化に乾杯!」で牛乳を飲んだ議員が体調を崩すという事態が、ウェストバージニア州で発生。文字通り殺菌処理をしていない無殺菌乳、過去には死亡者が出たケースも…・・1911年には、ボストンで無殺菌牛乳を飲んだ人たち約2,000人が深刻な容体に陥り、48人が亡くなっています。

      それでもMcGeehan議員は、「法の枠組みの中で人間がしたいことをするのを抑えつけるような法律があるべきではありません」と言っています。「ただ、気をつければいいんです。」……・

      削除
    2. その毒物を他人にも飲ませるのはいいのか?

      削除
    3. 関連コピぺ
      なぜアメリカ人は生の肉を食べるのか【海外の反応】 | 4ch国際 ... › グルメ・料理

      なんでアメリカ人って肉を生で食べるの? griiled steak(※焼いたステーキ)とか言いながら中身は生なんですけど ...
      ...アメリカで焼き方をウェルダンで注文したら、ステーキハウスから蹴り出されるってどこかで読んだ。 ....

      削除
    4. コピペ 食べ物クライシス(農文協1996年11月1日)から
      遊牧民の目に映る「狂牛病」の不思議 自然から切り離された先進国型畜産業の歪(ボルジギン ブレンサイン)
      …・・モンゴル式ではヨーグルトを造れなかった日本のスーパーの牛乳…・・私の国の牛乳の味に及ばないことと、加熱をしているためそのままでは手作りのヨーグルトも造れないことに気づいた。モンゴルでは「ヨーグルト菌」などは売られてはいないし、ヨーグルトを造る際にも使わない。搾りたての牛乳をきれいな容器に入れて1日置けば、上に油(クリーム)が浮いて、下のミルクがだいたい24時間で液状からやや固まった状態になる。そしてクリームからバターを造ったり、下の牛乳でチーズやヨーグルトなどさまざまなものを造る。…・日本に来たばかりのとき、牛乳を買ってきて一晩2日も置いておいたがついに固まらなかった。…・幼いころから牛の体温と同じ温かさの搾りたての牛乳をそのまま飲み、まるで子牛のような丈夫な身体をしているモンゴルの子どものことを思うと、牛乳を加熱することを不思議に思う。……・

      削除
    5. 先進国型って言うか、文化が違うんだからしょうがない。
      そもそも乳製品を摂取する食文化じゃないんだから。
      古代に導入されたけど根付かなかった。
      風土も習慣も何もかも違うんだからね。
      乳製品=生活の文化圏と同列に語られてもねえ。
      魚を刺身で食わないのは不自然だって言ってるようなもんでしょ。
      それぞれの地域民族で文化が違うんですよ。
      先進国とか関係ない。
      と、愚考しております。

      削除
    6. >一晩2日も置いておいた
      向こうの衛生観念がどうなってるかわかる・・・
      というかいつも隣に牛がいてしぼりたて飲める環境と一緒にすんなしww
      先進国化したら、結局日本と同じように加熱殺菌し始めるんじゃね?

      削除
    7. 気温、湿度が違うから菌の働きが違うのよね…
      日本みたいな高温多湿な土地だと普通に腐るからね。

      削除
    8. 文化の違い・・・・・・コピペ
      【マジで出来た】コンデンスミルク缶を圧力鍋で煮ると「生キャラメル」になるとTwitterで話題 / 実際にやってみたら自宅に常備確実なウマさで歓喜! | ロケットニュース24:

      削除
    9. 加糖れん乳の缶詰を数時間茹でることで糖分がメイラード反応を起こしドゥルセ・デ・レチェとなる。中南米でよく作られる。

      コンデンスミルクは、1835年にイギリスのニュートンが考案したのち、1856年にアメリカのゲイル・ボーデンが工業化に成功し製品として売り出した。
      1851年のロンドン大博覧会に参加したボーデン(濃縮厨、軍用の濃縮牛肉エキス入りビスケット出品)、イギリスからアメリカに帰る船上で彼は、子供が汚染されたミルクを飲んで命を落とすところに遭遇し安心して飲める濃縮牛乳を造ろうと誓ったらしい。

      削除
  4. 退院後のコメントに期待

    返信削除
    返信
    1. 自宅に置いてあった銃を子供が見つけていじっているうちに発砲、家族を誤射なら普通にありそう。
      が、今回は、記事だけ読むと「外出した際にマイカーの床に45口径の銃が転がっている」のがおかしい。
      母親が銃の管理責任を問われると思う。
      州によっては銃の所持や登録は比較的緩いが、携行し隠し持てる拳銃などのガンコントロールは処によって厳しいアメリカ。
      おそらく拳銃の所持許可や登録はしていても銃の携行許可はかなり難しいのでは。

      削除
    2. こういった事件は日本でもあったよね。
      射撃から帰ってきた後にライフル銃の手入れをしている途中でその場を離れたら、子供がイタズラして銃を暴発させてけが人が出たって。

      削除
  5. 子供がよく45口径なんて撃てたなと驚くべきか、4歳児でも引ける引き金と銃の軽さに驚くべきか……

    返信削除
    返信
    1. ライターみたいにチャイルド・レジスタンスが必要だな

      削除

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ