ゆっくり戻るよ!

喫茶店  (´・ω・`)不思議なくらいに喫茶店物の異世界ファンタジー小説が流行しているなーとパルメでも思う。


異世界に来たけど至って普通に喫茶店とかやってますが何か問題でも? Arcadia S 18話 2009/04/30
ダンジョンがあって、それに潜る冒険者達がいる異世界にきた少年は・・・・・普通に喫茶店を経営し、毎回変わった悩みを持ってくる変人達と会話するほのぼの喫茶店ファンタジー。冒険者、学生、幼女、富豪、幼馴染でツンデレなど客はいろいろ。

冒険がたまーにある。

ある店主と迷惑な客たち Arcadia AAA    
異世界に迷い込んだ青年は、異世界で喫茶店を開いたが・・・・一歩間違えれば、即死亡させられる客達が来店しまくり、大した人物だと勝手に思われることで大儲けする勘違い小説。

5話あたり  --世界に影響力を持ちすぎる人物を3人も歩み寄らせたことで、神様に警戒されてしまったマスター。神様の勘違いにより、マスターは知らずのうちに神様候補にされてしまったのだった--

むりやり自宅警備員   S    
神様から、日用品をだせる能力を貰って、異世界にいくことになった青年なのだが・・・能力の代償に、自分が支配する空間・・・・自宅からでれなくなった。

家の維持にも魔力を消費し、日用品を作るのにも魔力を消費して、他者から魔力やお金を貰わないとBADEND確実な状況で店を開いて頑張ります。

22話あたり --商品を作るのに必要な魔力は、周辺に住んでいる人間の妥当だと思う魔力に影響されるため、儲けるのが非常に難しかった--

26話あたり --功績を残す事で王家から土地を貰おうとした主人公だったが・・・王女に聞いてみると土地は貰えないらしく、自分の土地を増やして移動範囲を増やせない事に気づいたのだった--

 

ゆっくり戻るよ!
ブログパーツ


カウンター日別表示